ブー モンスターズ インク

子供たちからモンスターワールドを守るため、街は常に 子供検疫局(通称CDA)によって監視されていた。 サリーたちはその隙にブーのドアを探してドア集積場に辿り着き、他のドアを使って人間の世界を行き来しながら逃げ切ろうとしたが、ブーはランドールに捕まってしまったのだ。 サリーはMIの社長を継ぎ、会社の方向性を、子供を怖がらせることから、笑わせることへシフトさせた。

12
ブー モンスターズ インク

舞台はモンスターたちが暮らす世界、モンスター・シティ。 作業開始のカウントダウンを行う。 現モンスターズインク社長で、彼の祖父が起業した会社を受け継いだ3代目。

ブー モンスターズ インク

『原子怪獣現わる』や『タイタンの戦い』などを手がけた彼は、『ゴジラ』や『スター・ウォーズ』などにも影響を与えた。

5
ブー モンスターズ インク

怖がらせ屋の成績は常に職場のモニターに掲示され、サリーは常に1位の座をキープ、続いて僅差でランドールが追う展開になっていたのだ。 BOOの両親は東洋系アメリカ人? BOOが巨体のサリーをキテイ(子猫)と呼ぶところがウイットに富んでいて面白い。サリーのふさふさ毛を見て子猫を連想したのでしょう。 ボックスから出てきたのは何とマイクであった。

18
ブー モンスターズ インク

モンスタースケアラー(怖がらせ屋)の一員。 すると、偶然にもその部屋の主である人間の女の子 ブーが、モンスターワールドへ入り込んでしまう。 さらに、ランドールがブーを攫うべく社内をうろついていた。

20
ブー モンスターズ インク

『キングダム ハーツIII アルティマニア』(スクウェア・エニックス、2019年)725頁 関連項目• また、ブーの名前もモデルと同じメアリーでほぼ確定しています。 しかし観客がサリーの顔ではなく、触手の方ばかり見てしまう恐れがあったため、2本足に変更されたという。

20
ブー モンスターズ インク

サリーはモンスターズ・インクの業務内容である、「人間の子供の部屋へ通じるドアから子供部屋に忍び込み、怖がる子供たちの悲鳴をエネルギーに変換してモンスターの世界へ供給する」ことに長けたナンバー・ワンの怖がらせ屋です。 泣いてばかりの彼には毎回呆れている。