儀礼 通過

昔は、男子は『 元服 』 、女子は『 髪上げ 』『 裳着 もぎ 』という儀式が15歳前後で行われていました。 第三段階の統合の儀礼は、分離儀礼と過渡儀礼を終えた個人が新しい状態となって社会へ迎え入れられる儀礼であり、一般に大規模な祝祭が行われる。 それによって「服従」が促進される、というからくりのように思えます。

6
儀礼 通過

たとえば皆さんもご存じでしょうが、「抜歯」・「指や耳の切断」・「極太のピアッシング」・「処女膜の貫通」・「首や唇、耳たぶへの変形」といった部族社会の風習はその例。

17
儀礼 通過

お祝い膳に、氏神様の境内の石を並べ、歯茎に添えることで丈夫な歯になるという風習もあります。 現代日本の「成人式」もそうですし(ちなみに現在の成人式は終戦後に始まったもので1948年に法令によって公布・施行されました)、奈良時代以降の日本では公家や武家の間では「元服」が行われていました。 真面目にこう続けている。

20
儀礼 通過

イニシエーションとして古くから行われているものとしてはや、など身体的苦痛を伴うものであることが多い。 そのころ、しんぼるは2人での活動に行き詰まりを感じ、解散の一歩手前まで追い込まれていた。

14
儀礼 通過

武家社会では「元服」といって、男の子は15歳で髪型や服装を子ども用から大人用へと改め、女の子も「髪上げ」といって13歳前後に大人の髪型にしました。

3
儀礼 通過

「冠婚葬祭」ということばの「冠」が成人式にあたります。 「宗教学」におけるイニシエーション 宗教学においてイニシエーションは成人の儀礼よりも親や兄弟が所属する宗教教徒となる(入信)時におこなわれる「洗礼」がより重要視されます。 「元服」は断じて「お祭り」などではなく、バカ騒ぎなどとんでもありません。

12
儀礼 通過

社会的義務より個人的人間関係を重視し、性を永続的な構造化社会のきずなの基礎としてではなく、直接的なコミュニタスの多形態の手段としていること と指摘します。

3