シンジ カヲル

新劇場版 [ ] 『序』の段階から、により新劇場版の設定やカヲルの役割などについてのレクチャーをキャスト陣で唯一受けていたという石田は、『Q』収録後のインタビューでカヲルについて「前のサイクルとは違う筈なのに、何度やってもやはり同じ轍を踏んでしまう。 しかしカヲルがリリスを前にどこまで悟ったのかは定かではない。 アニメスタッフも狙ってキャラデザしていた 出典: キャラクターデザインをする上で、綾波のようなミステリアスな瞳、アスカのような不敵な口元を意識していたそうです。

1
シンジ カヲル

パチンコホール店員で名前を音読みすれば『ダブリス』になる。 同時に強い力の迸りを感じる。 アスカはレイといることに安らぎを感じていた。

4
シンジ カヲル

アスカ「カヲル・・・・・・どうして私を助けてくれたの?」 さっきあんなに酷いことをいったのに。

シンジ カヲル

変わらないな君は」と呟くなど、彼に興味を抱いている様子を窺わせる。 容姿はシンジやアスカ、マリと同様、14年前のまま(生まれつきか『エヴァの呪縛』によるものかは不明)となっている。 また会えるよ。

シンジ カヲル

「破」で退院した直後の姿が一瞬だけ描かれ、「Q」で本格的に登場する。 アッシュグレイの髪とを持つ、極端にな。 しかし、2004年に初号機の起動実験で母・ユイを亡くしたため、実質の家族は父・碇ゲンドウただひとりです。

シンジ カヲル

戦いが終わって躁状態から回復すると、シンジは暗い思いに 捕らわれた。

13
シンジ カヲル

『天獄篇』では『Q』の設定から、第13号機に搭乗しそちらがメインとなる。 『少年エース7月号増刊 新世紀エヴァンゲリオンコミック総集編』754ページ。

14