ニックス ブルズ 対

一選手の引退がスポーツ界に留まらず、世界中から注目を浴びたのは、彼の引退理由にあった。 (1983-92) を放出されてからは各チームを転々とした。 ブルズはジョーダンが28得点、ピッペンとがそれぞれ18得点を記録した。

ニックス ブルズ 対

である。 ブルズは13試合ぶりに復帰したデリック・ローズが29得点をマークしたが、シュート26本中わずか8本の成功に留まり、大事な場面でのシュートも決められなかった。 4月13日 金 17時に練習行くと 女子が、おのおのシュートを打っている中 男子は、タイマーに合わせてハンドリングを もくもくとこなす アジリティ、フットワークをこなして ハンドリングにはいっている 真剣な眼差しと表情 この年代は、経験が少ないけど とってもいい 思わず、俺も頑張ろうと思った そして、新入部員が4人 4年生3人、1年生1名 俺は、新入部員と戯れ そして、最後は5対5のゲームも行う 新入部員もバスケにはまりますように ブルズVSニックス ニックスのスーパースター カーメロアンソニー 203センチでスモールフォードのポジション 右、左からのドライブが上手い 動きがスムーズ なにより1対1に対して絶対的な自信をもつ リーグNo1のブルズディフェンスが相手でも ひるまず、得点を重ねる それにしても3ポイント、ミドルレンジ これだけシュート決めるとは 素晴らしい 対するブルズ ローズが怪我で欠場するが 強い 圧倒的なリバウンド 粘り強いディフェンス ディフェンスに定評のあるヘッドコーチ 素晴らしいチームに仕上げてくれました 恥ずかしながら ハミルトンをはじめてみましたが 常に動きまわり 得点を決めだすと止まらなくなり おもったより、滞空時間が長いジャンプシュートを打つ ハミルトン ピストンズの優勝にも貢献したんだ~ ほ~ 結果 94対82でブルズの勝利 昨日はニックスに負けたし リベンジ成功 それにしてもローズがいなくても この強さ ベンチメンバーも頑張って ブルズはチームで戦うから 好感もてる ニックスは怪我人が復帰すると もっと良くなるかも カーメロ ハミルトン. C - ,• 試合は153-113でウエストチームが圧勝し、チームを勝利に導いたマジックは引退した選手でありながらオールスターMVPに選ばれた。

16
ニックス ブルズ 対

ブルズはすぐにジョーダンが得点を決め、97-95とリードを奪い返すが、残り13秒にはケビン・ダックワースのフックシュートで再び97-97の同点。 しかし第7戦ではジョーダンが42得点を記録してニックスを降し、激戦となったカンファレンス決勝をブルズが制した。 バードは80年代半ばからすでに背中に持病を抱えており、その痛みは年々悪化。

10
ニックス ブルズ 対

「あの時のチームにはティム・ハーダウェイ(元ウォリアーズほか)と、確かラトレル・スプリーウェル(元ニックスほか)がいたんだ。 第6戦はニックスが圧倒していて第7戦は本当にどちらが勝つのか予想できなかったのを記憶しています。

18
ニックス ブルズ 対

ミッチェル・ロビンソンが戻ってくればという希望はあるものの、残念ながら脳震盪のためブルズ戦もアウトの予定です。 この後もプレーオフで激戦を繰り広げるブルズ対ニックスは、90年代NBA屈指の好カードだった。 しかし後半になると少しずつブレイザーズのリードが減り始める。

ニックス ブルズ 対

イースタン・カンファレンス [ ] アトランティック・デビジョン Team W L PCT. キャリアの大半をで過ごし、終盤はなどで過ごした。 高いシュート力を誇った出身の、1位指名の、を放出されてからは故障から立ち直りを見せたらが主力を担った。

5
ニックス ブルズ 対

9日間に組まれた全49試合のスケジュールは以下のとおり。