アンコウ チョウチン

!?! 以上. ヒカリオニアンコウ属 Photocorynus• 頭頂部についた誘引突起が提灯をつるしたに見えることと、それを光らせることによってとなるをおびき寄せることからそう名づけられた。 誘引突起をもつが、背鰭の他の棘条を欠いている。 ・からの記録もあるものの、その数は非常に少ない。

18
アンコウ チョウチン

イリシウムは背びれの1番先頭のトゲが変形したものです。 2月、の海岸に打ち上げられた( H. 水深200~800m付近で生活することが多いです。 からも僅かに記録されているが、にはよく似た Himophus usという種がおり、こちらの方が多く見つかっている。

15
アンコウ チョウチン

に歯をもつ。 「人生を終わらせる覚悟を決めて寄生したオスがかわいそう」とも思いますが、このようにより強い遺伝子を獲得するために複数のオスを競争させるのは生き物の生態としてしばしばある行動です。

アンコウ チョウチン

メスに遭遇するや「もうキミをはなさない!」とばかりに抱きつき、そのまま血管も皮膚も一体化。 また、なぜ寄生雄によるの拒絶反応が起こらないのかは分かっておらず、研究者の間でも注されている。 は1833年にグリーンランドのに打ち上げられた漂着個体であるが、による食害を受けたため保存状態は非常に悪く、現存しているのは誘引突起の一部のみである。

20
アンコウ チョウチン

発できるのは、共生している発バクのおかげで、獲物をおびき寄せる役割の他、外敵を驚かす役割もあると考えられている。 体色は灰色ないし黒褐色で、これまでに得られた雌の体長は3. それが 発光器官エスカを有しているのはチョウチンアンコウのメスだけということです。

2
アンコウ チョウチン

胸鰭・背鰭・臀鰭・尾鰭の鰭条はそれぞれ14-18本・5-6本・4本・9本で、は19個。

15