戦士 ダンバイン 聖

各国を巻き込んだ戦いの中で、地上には憎しみのオーラばかりが増していった。

戦士 ダンバイン 聖

アの国王の城を攻撃してきたドレイク軍を迎え撃つショウたち。 夫のドレイクや情夫のビショットはもちろん、実娘のリムルすらも自らの野望を果たすための手駒としか見ておらず、攻め寄せるニーらに対して彼女を人質に取ることもあった。

11
戦士 ダンバイン 聖

『SFアニメがおもしろい 機動戦士ガンダムから新世紀エヴァンゲリオンまで』(アスペクト・1997)、及び『ロマンアルバム・エクストラ 聖戦士ダンバイン』(・1984)• 舞台が再び地上界に戻ってからは、ドレイク軍の本隊とは離れ地上の空軍の部隊を味方に付ける。 ショウはダンバインごと東京にある実家に飛ばされ両親と再会するが、元々家族関係はうまくいっていないうえ、地上世界を混乱させるだけの存在となってしまったショウを、両親は受け入れなかった。

11
戦士 ダンバイン 聖

第23話「ミュージィの追撃」• 」との質問を受けた際に前述の返答をしたところ、なおも「それは了解したが、作品全体として考えると、やはりあの終わり方は消化不良なのではないか」と指摘され、富野は「ゴメン! 彼なりにショウを理解して受け入れようとしたが、妻の強烈な拒絶にあい断念。 当初は(馬に似た動物)に代わる移動手段程度の物だったが、やがて飛行兵器オーラ・ボム、さらには巨獣の甲殻を外装にまとい、内蔵された人工筋肉を電子制御によって駆動する人型兵器「」(「巨人騎士」とも呼ばれる)へと発展した。

20
戦士 ダンバイン 聖

サンライズ英雄譚(サンライズ英雄譚R)• そのままドレイクに掌握された「アの国」陣営の一員として、ショウ、マーベルらギブン家陣営と幾度となく戦闘を繰り広げる。 色々な国の軍の軍用機やヘリが、戦場のあった海の上を飛び回っていました。

18
戦士 ダンバイン 聖

エイブ・タマリ 声 - ラウの国フォイゾン王の家臣で、オーラシップ・グリムリーの艦長。 タータラ城を捨てるというフォイゾンの提案に最後まで納得せず、別離の理由も「城を捨てるのは騎士道に反する」から。

17
戦士 ダンバイン 聖

第42話に登場。 スタッフ• 26話で初のオーラ・バトル・シップとして登場するが、未完成ながらゴラオンが現れ撤退を余儀なくされる。

15
戦士 ダンバイン 聖

『北國新聞』1984年7月2日 - 7月6日付朝刊、テレビ欄。 エル・フィノ 声 - シーラについているミ・フェラリオ。

11