良一 春日

これでは専門家としての信頼性にも影響が出るのは仕方ないと思います。 1982年、IOC会長サマランチの初来日にJOC職員として随行。 ロサンゼルスオリンピックに日本代表で出場した時は金メダル候補として世界中から注目を集めていました。

20
良一 春日

というのは、これまで「東京五輪は通常開催されるべき」と話していたアメリカのトランプ大統領が自国の新型コロナ感染を受けて「1年延期するべきかもしれない」と発言したことや、IOC会長が「WHOに従う」と通常開催ではなくなる可能性も示唆したからだ。 。 現在は評議員を務めている。

14
良一 春日

番組では、そんな状況をきっかけとして、東京五輪の開催はどうするべきかを議論。

良一 春日

福井県• 中でも2013年4月から4週連続で発表された光文社フラッシュ「皇帝サマランチから長野五輪をもぎとった男」は世間に招致活動に対する慧眼を与えた。 長野五輪の招致活動ではそれまでに築いた国際的な人脈を駆使し、世界を飛び回り、情報活動を展開、成功に大きく貢献し、後に「長野五輪を招致した男」という異名を持つにいたる。 スタジオに出演したスポーツコンサルタントで元JOC職員の春日良一氏が水泳についてコメントした際に「実は私の連れ合いも元五輪選手なんですけど…」と明かすと、共演者が「長崎宏子さん」と話し、妻がロサンゼルスオリンピック代表の長崎宏子さんであることが分かった。

6
良一 春日

国際畑を歩む。

15
良一 春日

その後、ソウルオリンピック、バルセロナオリンピック、モスクワオリンピックの日本代表に選ばれ、水泳選手として大活躍します。 中国やロシアのような全体主義の国が強いよね。 石川県• 我々は、責任も取らないで偉そうな持論を展開するこういう輩の顔は見たくもない。

2