ダム 大倉

下流側から順に 青下第1ダム、 青下第2ダム、 青下第3ダムとなっており、青下第1ダムは最下流側に位置している。

ダム 大倉

2021年1月12日閲覧。 非越流部標高;EL272. 11月14日、広瀬村熊ヶ根の貯水池現場で工事着手の地鎮祭を行なった。

9
ダム 大倉

一方、戦後の仙台市、塩竃市の人口増加に伴い上水道用水と、発展途上にある仙塩工業地帯への工業用水の補給等、水資源の総合的開発も期待されました。 青下隧道 [ ] 青下隧道は青下第1ダム下流側左岸に設けられた量水池より中原浄水場へ向かう延長696メートル、幅6. 広瀬川はその後東に向けて流れ、を通過した後名取川に合流し、へと注ぐ。 かんがい用水 大倉川及び広瀬川沿岸のかんがい用水(農業用水)の補給を行います。

9
ダム 大倉

国見浄水場は昭和33年から昭和39年にかけて建設され、取水施設とその水を送る導水施設は梅の宮浄水場との共同施設で、国見浄水場内にある分水地から梅の宮浄水場分が分けられて送られます。 なお、発電に使用された水は大倉川に放流され、各利水に使用されています。

5
ダム 大倉

この周辺は 青下水源地 とよばれ、仙台市水道局の 水道記念館 、 青下ダム旧管理事務所、 青下ダム記念碑などがあり、散策路やハイキングコースが整備されている。 。 工業用水 仙台市、多賀城市、塩竃市の工業地帯の工場に日最大100,000立方メートルを供給します。

16
ダム 大倉

隧道坑門は、坑口両脇の柱型や部のマチコレーション飾りなどで仕上げられた石造ポータルである。 水力発電 大倉発電所 ダム湖内取水塔 大堀発電所 三居沢発電所 大倉ダムでは東北電力株式会社が上水道、工業用水、かんがい用水などの放流水を利用して、水力発電を行っています。 青下水源地は、(昭和60年)にに選ばれている。

4