工法 ディープ ウェル

このウェルポイントを多数地盤へ打ち込みます。

14
工法 ディープ ウェル

新潟地域の砂地盤においては、簡易ウェル工法が一般的に用いられている。

5
工法 ディープ ウェル

負圧によりウェルポイント部の圧力を低下させ集水します。 3 周辺環境の保全 復水能力を常に維持し、途切れることなく十分な水量が地下水に復水されるので、工事範囲 の外の地盤の地下水位の低下を抑え、周辺地盤の沈下や周辺家屋の井戸枯れといったトラブ ルを防止できる。

11
工法 ディープ ウェル

スーパーウェルポイントの場合は土中にて、バキュームで強制的に揚水する為、地下水が地表に出る前に吸引する工法で、考え方としては釜場排水(地中釜場排水)と同じ内容です。 そのために、鉄道・道路の交通手段に規制がかかったり、交通止めになったりする。

工法 ディープ ウェル

地下水低下工法における井戸方式の方法・特徴について 井戸方式は、地下水の汲み上げ区画を鋼矢板・シートパイル等で囲った上で、 小口径の浅い井戸を数カ所設置して、地下水をポンプで汲み上げて、道路側溝に流す方法です。

11
工法 ディープ ウェル

例えば、上の図のように7~8mくらいの深さを掘りたいときに、山留め工事として掘りたいエリアの周囲をシートパイルで囲いますが、その敷地の被圧水位が高い場合には、周囲との水位の高さの差の分圧力がかかり、掘削したそこから水が上がってこようとします。 ポンプ台数が多く必要であるが、一台のポンプが故障してもディープウェル、ウェルポイント工法と比較して、影響が小さい。 また、井戸方式と同様の同様な施設設置に加え、空気吸引と注入の装置だけが必要になるだけで施工しやすいです。

工法 ディープ ウェル

ディープウェル工法は、地下水の集水(水を集めること)を、重力により行います。 現場や用途に最適な工法をご案内しますので、まずはご気軽にご相談ください。

11