1020話 コナン

今回は名探偵コナン1020話 「翻弄」について ネタバレと感想をお伝えしてきた。 その町医者時代も例のグループに何度も勧誘されており、 宮野厚司は何度も断っていたが、何かのきっかけでそのグループのラボに・・・・ これ以上は言えないと、話を終える灰原。 少年探偵団の3人はアゼンジャーズの話題を話しながら、世良が灰原に似ているという話題に。

12
1020話 コナン

ただ、それだと解毒剤の完成には新たに「耐性ができない薬」を開発しなければならなくなるが。 これがどうやら逃亡のカギを握っているようです。

1020話 コナン

グラスの口にコースターでフタをしていたので、 毒を混入することが可能なのは有里が席を離れる前にグラスを持った彼女とすれ違った諸岡、スマホの警報音に驚き有里がテーブルにグラスを置いたとき傍にいた深町、そして有里のカフスに赤ワインをかけ席を離れるきっかけを作った村上・・・ 安室:僕が記憶している限りでは、有里さんのグラスに毒を入れられたのは、この3人だけだと思いますよ? 安室が推理した後、一人ひとり事情聴取を始める目暮。 次郎吉にお願いに行くという和葉を、 「お、おれも付き合うたるで!」 平次が追いかけた。 そしてボールペンのキャップが外れており、メモに字を書けない高木の様子を見て、「キャップ」についてのキーワードでさらにひらめくコナン。

15
1020話 コナン

解毒剤を持っていないのは現在幼児化(後退化)している時点でわかることで、これだけでは再来日の際に一時的に元の姿に戻ったのか、偽造パスポートやMI6や政府関連組織の協力などを得たのかという疑問はまだ解決に至らず。 そして有里は病院で処置を施しているが、意識は戻らない。

1020話 コナン

しかし、殺人の動機があったのは2人いたというこの事件。

1020話 コナン

するとそこへキャメルが姿を現しました。 コナンの漫画全巻が買えるサイトをこちらにまとめました(紙・電子書籍) 紙のコミックスを宅配レンタルで読みたいならこちらをごらんください。 和葉が平次の腕に抱きつき、「助けて」と嘆く。

1020話 コナン

夢川に届いた盛田からの「助けて」というメール。 「バカ!!死んで西部くんの所に逝きたかったのに、なんで邪魔するのよ!」 油井が蘭を非難する。