年 ボウモア 12

シンプル。 まさに海のシングルモルト。

7
年 ボウモア 12

味はフルーティだけど後味がピーティ。 15年とか18年物はもっと美味しいんだろうなぁ・・・。 苦労して行くからこそ、そこにはウイスキー好きにはかけがえのない魅力的な経験ができるでしょう。

2
年 ボウモア 12

遠い異国の海に思いを馳せながら飲むと格別です。 このときに出る煙が麦芽に香りづき、アイラモルト特有のピート香(スモーキーフレーバー)が生まれます。 以上、ボウモアの製法は伝統的な手法を利用し手間暇かけることで、とても飲みやすい人気の香りと味を作り出していることが分かりました。

年 ボウモア 12

1925年 J. さらには潮の香に抱かれた海のシングルモルトとしての唯一無二の特殊な環境下にある。 フレーバーはトロっとした舌触りに塩気とキャラメルのような甘み、フィニッシュにいっきにスモーキーさが抜ける複雑さ。 2017-12-10• 1994年7月にサントリーが買収し現在に至っている。

年 ボウモア 12

ただ、ボウモアの面白いところは、他のアイラウイスキーにはないチョコのようなコクがあり、カラメルのような香りを感じることが出来ます。

年 ボウモア 12

すでに飲まれた方もいらっしゃることだろう。

17
年 ボウモア 12

1 Vaults熟成モルトを主体にして生まれたもので、画一的なバニラ様の甘さを超えた、特別な海のシングルモルトといえるだろう。 完成度の高い銘柄のため、シンプルな飲み方に向いています。 しっかりとピーティーですね。

5
年 ボウモア 12

麗しく洗練された気品をも漂わせ、女神の微笑みのようなあたたかみが特長的だ。 スコットランド数ある蒸溜所のなかでも今でもこの製法を採用しているのはわずか6蒸溜所。 ページ下部にて説明しています。

3
年 ボウモア 12

1 Vaults(第一貯蔵庫/ヴォルトとは地下貯蔵庫)は海抜0メートルに位置している。 ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• 1 Vaults(第一貯蔵庫/ヴォルトとは地下貯蔵庫)はスコッチ・モルトウイスキー貯蔵庫として最古の歴史を誇る。 数々の買収や社名変更を経て、創業から200年近く経った1989年にようやく日本に酒類メーカーであるサントリー(現:サントリーホールディングス)が資本の30%を買い取り、1994年に完全小会社化、正式にオーナーとなりました。

14