統計 人口 動態

26 2006 平成18 1,092,674 1,084,450 8,224 1. 87 1965 昭和40 98,883 1,844,452 705,363 1,139,089 18. 国籍・地域別人数 中国 韓国 ベトナム フィリピン ブラジル ネパール インドネシア 2018年末 764,720 449,634 330,835 271,289 201,865 88,951 56,348 無国籍 [ ] 2017年末時点での無国籍者数は676人となっている。

6
統計 人口 動態

しかし、この間の出生数でみると、1950年代には希望子供数が減少し、(昭和23年)に合法化されたの急速な普及をバネに出生数は減少し、1961年(昭和36年)には、出生数159万人(合計特殊出生率1. 5 1932 昭和7 65,800 2,165,000 1,165,000 1,000,000 32. 平成30年• 70 元号別総人口 [ ] 2019年10月時点の総務省の推計で、元号別の日本人人口は以下のようになっている。

統計 人口 動態

26にまで落ち込んだ。 6 1928 昭和3 62,595 2,136,000 1,237,000 899,000 34. 2011年6月13日閲覧。

9
統計 人口 動態

2017年の人口推計では、沖縄県以外のすべての都道府県で死亡者数が出生数を上回り、自然増減率がマイナスに転落した。 (昭和41年)の出生数・出生率の急激な落ち込みはによるものである。

1
統計 人口 動態

平成30年• 89 以下のグラフは各歳別総人口を示したものである。

10
統計 人口 動態

「2005年(平成17年)10月1日の」に基づく「2055年までの将来の人口推計」が、(平成18年)に公表されたが 、近年の低下やの延びを反映して、前回の2002年(平成14年)推計よりもが一層進行し、本格的なになるとの見通しが示された。 50 1951 昭和26 84,235 2,137,689 838,998 1,298,691 25. それ以外の32道県は自然増減、社会増減ともマイナスとなっている。

5