ところ 目下 の

気に入らないことがあるとすぐ周囲に八つ当たりする父を兄が諫めた• 目下に対する忠告には使わない 上記とは反対に、基本的に目下の者に対しての忠告には「諫める」を使いません。 ネット上でも上座、下座を気にするという風潮は理解できない(30代女性) ・エレベーター内の席次。 目上から目下に使う言葉だから• もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。

7
ところ 目下 の

2位以下は「上座・下座の席次ルール(56人)」「言葉づかいや呼称のルール(55人)」があがったといいます。 上司や取引先に失礼があってはいけないので、ビジネスメールの正しい書き方は社会人にとって必要不可欠なスキルと言えます。

4
ところ 目下 の

『先のことはどうであれ、とりあえず今は』という意味で使われます。

10
ところ 目下 の

ビジネスマナーに厳しい職場で働いている人は、『面倒だなぁ』と思いながら嫌々するのではなく、『この相手には、敬意や気遣いを伝えるために、このマナーが必要なのだ』と割り切ってみてはいかがでしょうか」ともアドバイスしています。

7
ところ 目下 の

ただし、あまり良い表現ではないため、ビジネスシーンで使うべき言葉ではありません。

20
ところ 目下 の

時代劇などの歴史ものでは「家臣が主人の行いを諫める」という使い方もします。 特にビジネスシーンでは、「とりあえず」や「今のところ」を使う場面で目下が使われることが多いです。 上司や取引先にビジネスメールを送る時の書き方は、下の記事で解説しています。