幸三 wiki 飯塚

手紙は重傷を負った78歳の 男性に宛てたものです。 ただし、あまり必要の無い削除依頼を乱発するようでは、それはコミュニティを疲弊させる行為につながると考えられますので、経験が少なく、判断が難しい内は、間違いないようなものに限って依頼を行う方が宜しいのではないかと思います。 クボタ技術開発本部 は農機のみならずなど計測機器を開発しており 、久保田鉄工の時代から技術開発研究所を持っていた。

3
幸三 wiki 飯塚

この基準に基づいて記述の可否が決まっているということですね。 『読売新聞』2019年5月31日東京夕刊第一社会面11頁「池袋暴走容疑者 免許取り消し」(読売新聞東京本社)• 問題はその後に起こってしまいました。

20
幸三 wiki 飯塚

この間、3年ほど研究企画官も務める。 法整備の動向 2020年6月に成立した改正道路交通法(2022年〈令和4年〉6月までに施行予定)では高齢ドライバー対策として、交通安全違反歴がある高齢者(75歳以上)が運転免許を更新する際に運転技能検査(実車試験)を行うことが義務付けられたほか、衝突軽減ブレーキを搭載する「安全運転サポート車」(サポカー)以外運転できないも創設されることとなった。 一体「存命人物の伝記」のどこにこの事件を記載せずという根拠があるのか具体的に示していただけませんか?--() 2020年3月13日 金 14:15 UTC• また、『産経新聞』は2020年10月に「各地の警察は高齢ドライバーの事故を防ぐため、運転免許証の返納を促す活動に力を入れている」と報道している。

幸三 wiki 飯塚

・罪に関しては無罪であると主張 飯塚幸三被告は東京都豊島区の池袋路上にて、時速100キロ以上の猛烈なスピードでクルマを暴走させ、その結果、母子の命を無慈悲に奪う結果となった。 オリジナルの2019年4月27日時点におけるアーカイブ。

幸三 wiki 飯塚

同年8月から1991年5月まで、同協会の技術研究所長も務めた。 それと単純な疑問なのですが、少なくとも飯塚幸三氏のページ自体は事件前からあった訳ですから「wikipediaの記載に値する程度には著名人」であった事は間違いないと思うのですが、それが何故か唐突に「事件を起こした事で著名人になった」となるのはおかしくありませんか?--() 2020年3月13日 金 15:06 UTC• 「」『精密機械』第49巻第3号、1983年、301-305頁。

幸三 wiki 飯塚

これがちょっと特殊な展開というか、 年齢のことを考えればありなのかな、と思ったのですが、 実はそれから数日以内にも似たような事件が神戸で起こっていました。

幸三 wiki 飯塚

中略 どうもTwitterでこの削除依頼が騒がれているようですが、 まず本件は過去の履歴の一部を削除するものであり、記事そのものの削除ではありません。 2021年1月19日時点のよりアーカイブ。 応用物理学科で日置は計測専修であったが、学科再編では物理工学科に所属していた。

18