æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

゚ピãƒĒチãƒĨã‚ĸãƒĢãĒįš„ãĒčĻį´ ãŒåĢぞれぞすが、č‡Ē分ぎæ‚Ēいį™–がæ˛ģã‚‹ã¨éĄãĢ映るäģ–äēēãŽč¨€å‹•ã™ã‚‰ã‚‚ã€åŒã˜ã‚ˆã†ãĢ変わãŖãĻいくようãĢãĒりぞす。

15
æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

ぎ大きいåĒ’čŗĒをäŧæ’­ã™ã‚‹å…‰ãŒåąˆæŠ˜įŽ‡ãŽå°ã•ã„åĒ’čŗĒとぎåĸƒį•ŒéĸãĢåŊ“たãŖた場合、大きãĒå…Ĩå°„č§’ã§ã¯ãŒį™ēį”Ÿã™ã‚‹ã“とがある。 しかし、たぞぎéŖ˛ãŋäŧšãĒおで昔ぎ友äēēãĢ合ãŖた時ãĢ、あいかわらずäŧšį¤žãŽåŒåƒšã‚„上司ぎæ‚ĒåŖã‚’č¨€ãŖãĻいるようãĒäēēはぞだいるんですよね。

æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

ãžãŸã§ã‚‚ã€ŒéĄã€ã¨ã€ãĒおが同じ éĄã¨ã„ã†å­—ã‚’į”¨ã„ãĻã„ã‚‹ã—ã€č‹ąčĒžãŽ グナ゚もぞた、ã‚Ŧナ゚、ãƒŦãƒŗã‚ēだけでãĒãã€éĄãŽæ„å‘ŗも持つ。 åĢŒãĒ態åēĻぎäēēãĢæŽĨしたとき、「äēēã¯éĄã ã‹ã‚‰ã€č‡Ē分はああいう態åēĻをしãĒいようãĢã—ã‚ˆã†ã€ã¨æ€ã†ãŽã¯č‰¯ã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚

æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

īŧŠã‚‚し、違う場合は過åŽģãŽč¨˜æ†ļぎ中で「頑å›ēãĒäēēがåĢŒã„だ」と思うようãĒå‡ēæĨäē‹ãĢ遭遇しãĻいた可čƒŊ性がありぞす。

æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

けれお、åĢŒã„ãĒäēēãŽé•ˇæ‰€ã‚’æ›¸ãå‡ēすことで、į›¸æ‰‹ã‚’į†č§ŖできるだけでãĒくč‡Ē分č‡ĒčēĢぎčĒ˛éĄŒã‚’čĻ‹ã¤ã‘ることもできぞす。 こぎ場合、あãĒたも、上司と同じく「åŖうるさくãĻ、į›¸æ‰‹ã‚’怒éŗ´ã‚‹ã€ã¨ã„う因果を、æœŦåŊ“は持ãŖãĻいるぎです。

æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

éĄãŽæŗ•å‰‡ã¯ãã‚ŒãģおåŧˇåŠ›ãĒぎです。

15
æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

世į•Œä¸­ãŠã“ã‚’æŽĸしãĻã‚‚ã€éĄãŽä¸­ãĢ手をįĒãŖčžŧんで、éĢĒをį›´ã™äēēはいãĒいと思いぞすし、ãĒãŠã‹ã¤ã€éĄãŽä¸­ãĢ手をįĒãŖčžŧむぎは不可čƒŊです。 ミãƒĒã‚Ēãƒŗã‚ģナãƒŧã‚’č¨˜éŒ˛ã—ãĻčŠąéĄŒã¨ãĒãŖた野åŖå˜‰å‰‡č‘—ã€ŽéĄãŽæŗ•å‰‡ã€ãĢäģĨä¸‹ãŽč¨˜čŋ°ãŒã‚りぞす。

13
æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

5HzãĢãĒると全ãĻがうぞくいく 【開č„ŗ恋愛力ã‚ĸãƒƒãƒ—å‰é ­č‘‰ãƒˆãƒŦãƒŧニãƒŗグ】ぎテキ゚トを äģŠã ã‘į„Ąæ–™ã§ãƒ—ãƒŦã‚ŧãƒŗト中īŧ これをčĒ­ã‚€ã¨ã€åŧ•ãå¯„せ力がåŧˇããĒã‚‹ã¨čŠ•åˆ¤ãĒんですよīŧžīŧž すぐãĢčĒ­ã‚ã‚‹ãƒ†ã‚­ã‚šãƒˆã§ã™ãŽã§ã€äģŠã™ããƒĄãƒŧãƒĢマã‚Ŧジãƒŗをį™ģéŒ˛ã—ãĻ 開č„ŗ恋愛力ã‚ĸãƒƒãƒ—ãŽãŸã‚ãŽå‰é ­č‘‰ãƒˆãƒŦãƒŧニãƒŗグãĢついãĻå­ĻんでãŋãĻください。 äģ–äēēぎあそこがåĢŒã„ã¨č¨€ãŖãĻãŋãĻも、原は、äģ–äēēãĢ投åŊąã—たč‡Ē分ぎåĢŒãĒįŽ‡æ‰€ãŒåĢŒã„ã€ã¨č¨€ãŖãĻいるようãĒもぎです。 įŠļæŗãŒæ‚Ēいんだâ€ĸ éĄãŽæŗ•å‰‡ãŽã‚šãƒˆãƒŧãƒĒでは、ä¸ģäēēå…ŦぎįˆļčĻĒãĢ寞しãĻぎネã‚Ŧテã‚ŖブãĒæ„Ÿæƒ…ãŒã€æ¯å­ãŽå•éĄŒã¨ã—ãĻčŋ”ãŖãĻきぞしたよね。

19
æŗ•å‰‡ 鏡 ぎ

įļšã„ãĻã€é‡‘åąžæŋをįŖ¨ã„ãŸé‡‘åąžéĄãŒäŊœã‚‰ã‚Œã€å¤šãã¯ãĒおをį”¨ã„たであãŖたが 、垌ãĢをæ–ŊされるようãĢãĒãŖたīŧˆčĄ¨éĸ鏡īŧ‰ã€‚ č‡Ē分が怒ればį›¸æ‰‹ã‚‚怒る。