おãĒãĢãƒŧ

わけがわからãĒいよãƒģãƒģãƒģ īŧˆīŧ‰ ネã‚ŋバãƒŦãĢつきčŠŗį´°ãŽč¨˜čŧ‰ã¯æŽ§ãˆã‚‹ãŒã€ã€‚ ぞた、明æ˛ģ10åš´äģŖぎåŒģå­Ļį•ŒãŽæˆįĢ‹ãĢともãĒい、専門åŽļ集å›Ŗぎ間でもã‚Ēナニãƒŧぎ有åŽŗæ€§ã¯æ¤œč¨Žã•ã‚Œã¯ã˜ã‚ 、īŧˆæ˜Žæ˛ģ10åš´īŧ‰å‰ĩåˆŠãŽã€ŽæąäēŦåŒģäē‹æ–°čĒŒã€ã§ã¯ã€īŧˆæ˜Žæ˛ģ12åš´īŧ‰ã‹ã‚‰ã‚ĒナニãƒŧぎåŽŗãĢついãĻãŽč¨€åŠãŒå§‹ãžã‚‹ã€‚

17
おãĒãĢãƒŧ

しばしばãƒĒベナãƒĢå¯„ã‚Šã§ã‚ã‚‹ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã§ã¯ã“ãŽå‚žå‘ãŒã•ã‚‰ãĢåŧˇãã€åŊŧらãĢよる『ã‚ĢトãƒĒック教äŧšãŽæ•™ãˆã€ã§ã¯ã€č‡Ē慰ãĢついãĻこうčŋ°ãšã‚‰ã‚ŒãĻいる。 ぎ掆おぎキãƒŖナクã‚ŋãƒŧ äŊ•ãŽč„ˆįĩĄã‚‚ãĒくčžēりãĢ大įˆ†į™ēはおこすわ、射į˛žã§čĒ°ã‹ã‚’į”ŸãåŸ‹ã‚ãĢするわ、į˛žæļ˛ãŒã‹ã‹ãŖたį›¸æ‰‹ã‚’åĻŠå¨ ã•ã›ã‚‹ã‚ã€įŠē中æĩŽéŠã—ãĒがらã‚ĒナニãƒŧしãĻčĄ—ã‚„åŽ‡åŽ™ãĢį˛žæļ˛ãŽé›¨ã‚’降らすãĒお、čĻæ¨ĄãŒä¸Šč¨˜ãŽæœˆæ–—ã‚ˆã‚Šé…ˇã„ã€‚ į§ã¯æ•™å¸ĢãĢãĒãŖãĻ数嚴間は、「おんãĒ取り合わせãĢãĒãŖãĻも、おんãĒäģ˛é–“と一įˇ’ãĢãĒãŖãĻもうぞくやãŖãĻいく力をつけることこそ、å­Ļį´šį¤žäŧšãŽæ„å‘ŗである。

6
おãĒãĢãƒŧ

įŸĨãŖãĻぞすīŧŸį›¸åŊ“きわおいんですよ、äģŠãŠããŽãƒžãƒŗã‚Ŧ。 』、2009嚴。 でもåĨŗぎ子をé€Ŗれčžŧんだわけではありぞせん。

20
おãĒãĢãƒŧ

ãƒģ野åŖæ­Ļåžŗ『性』。

4
おãĒãĢãƒŧ

」というもぎがありぞす。 ã‚Ēナニãƒŧはį—…気でもãĒくåŽŗもãĒいが、慎むずきもぎとするéĸ¨æŊŽãŒäģĨ前はあãŖた。

15
おãĒãĢãƒŧ

個äēēåˇŽãŒã‚ãŖãĻ、あãĒたãĢはそういうäē‹ãŒãĒかãŖただけです。

19
おãĒãĢãƒŧ

ãĒかãĢは、性æŦ˛ã‚’抑åˆļすることぎåŽŗをčŋ°ãšã‚‹ã‚‚ぎもあるãĒお、全äŊ“としãĻ単į´”ãĒã‚Ēナニãƒŧ有åŽŗčĢ–ã¨ã¯čˇé›ĸをįŊŽã„ãĻいる。 こぎようãĢį˛žæļ˛æ¸›æãŽčĻŗį‚šã‹ã‚‰åĨåēˇįļ­æŒã‚’čĒŦãã€æ€§čĄŒį‚ēが過åēĻãĢé™Ĩることを戒めるį™ēæƒŗã¯ã€æąŸæˆ¸æœŸãŽæ€§ã‚’æ‰ąãŖた書į‰ŠãĢ一čˆŦįš„ãĒもぎであãŖたともいう。 一䞋としãĻ、åŗå›ŗはã‚ĒナニãƒŧぎčĒ˜æƒ‘から青少嚴を厈るためãĢč€ƒæĄˆã•ã‚ŒãŸãŽį‰šč¨ąã§ã‚る。

19