桃子 茂野

背番号 8。 のんびりとしたマイペースな性格。 幸いにも、いずれの時期も的確なストッパー役がおり、試合中に立ち直ることができた。

14
桃子 茂野

牟田に比べて真面目な性格で、過去の行いを反省する発言もみられた。 右投右打。 眼鏡とギザギザの口が特徴。

4
桃子 茂野

卒業後は京阪タイガース(アニメではレパーズ)に入団。

桃子 茂野

海堂学園高校編 海堂入学後、三軍「夢島組」に入所。

20
桃子 茂野

三船リトルや吾郎を「坊や」と呼び見下していたが、試合の中で吾郎の実力と野球に対する熱意を認めていき、監督の指示を無視して勝負に挑むほど熱くなっていった。

15
桃子 茂野

原作ではその後プレーオフを勝ち進みワールドシリーズに進出しているが、アニメではサーモンズに敗れ、Wシリーズ進出はならなかった。 この点は渡米後のプロ生活で一定の改善が見られ、当時問題児扱いされたマードックから(彼自身の気質もあるが)「試合に勝つために、誰にでも本気でぶつかってくる」と肯定的に評価された。 中学1年生。

桃子 茂野

打撃力も高く、球威の落ちた吾郎の球はいとも簡単に弾き返し、ホームラン性の当たりにした(結果は、寺門のファインプレーによる外野フライ)。

桃子 茂野

背番号 2。

9
桃子 茂野

プレイスタイル [ ] 天賦の才を持ち、努力も怠らない「エースで4番」タイプの選手。