ち ハイキュー クロ や

烏野高校との練習試合で、影山・日向のプレーに翻弄され、影山の速いトスに対応できている日向を見て自信を失いかけた。 春高予選準決勝、烏野戦ではそのバネと強打で獅子奮迅の活躍を見せるが、他人(金田一)に上がったトスを奪ってスパイクを外したり、乱れたトスをそのまま強打してブロックにシャットアウトされたり、勝敗は二の次の的なプレーも目立った。

15
ち ハイキュー クロ や

花巻 貴大(はなまき たかひろ) 声 - 櫻井トオル 演 - 身長:184.。 また、誰彼構わず自分が凄いと思ったことはストレートに称讃するなど屈託がなく、黒尾(音駒主将)曰く「天然煽て上手」である。

ち ハイキュー クロ や

木兎には「挑発上手の黒尾君」と言われていたことから、うまい具合に人を煽るのが得意なようだ。 インターハイ県予選以降も部活を続けることに担任が学業の低下を懸念し、自身も「強い1・2年生に早めに託すべきではないか」と迷っていたが、菅原(3年副主将)に本心を見抜かれ、春高を目指すことを決意した。

ち ハイキュー クロ や

ブラジルへ渡った当初はホームシックになっていたが偶然及川と再会し、食事をしながら互いの近況報告をしたのちに、ペアでビーチバレーを行い本来のテンションを取り戻す。

18
ち ハイキュー クロ や

烏養繋心の祖父。

17
ち ハイキュー クロ や

」などがあります。

10
ち ハイキュー クロ や

高校卒業後は東京で転職中である。 春高予選前に、蛍を所属チームの練習に参加させ、彼にスポーツグラス()をプレゼントした。 黄金川の不器用な生真面目さに手を焼いており、以前の自身の態度を少し悔やんでいる。

14