掃除 ウォシュレット

「 乾いた布やトイレットペーパーでふくと、表面に細かいキズがついてしまう場合があるので、掃除する際は必ず水ぶきです」。 無理に外そうとすると、故障の原因になります。

1
掃除 ウォシュレット

「温水洗浄便座を使用すればするほど、温水タンク内の水は循環し、塩素入りの水道水に入れ替わります。 もし、そういった機能がない場合はドライバーを使っての取り外しになります。 ・漏電遮断機が落ちた 「漏電遮断機」と呼ばれる漏電ブレーカーが落ちた場合、家の中の電気を使えないためウォシュレットも動かすことができません。

17
掃除 ウォシュレット

そのため、ノズルから出てくるお湯の勢いが弱くなることに直結するでしょう。 汚れの原因が分かれば予防方法として活用できるため、 まずは汚さないための基礎知識を身につけることから始めましょう。 黒い窓のようなものがありませんか? それがセンサーです。

18
掃除 ウォシュレット

また、ノズルの汚れを放置していると、衛生的にもよくありません。

3
掃除 ウォシュレット

水気を取る 脱臭フィルターがきれいになったら、トイレットペーパーなどで水気を拭き取り乾燥させましょう。 掃除する部分が小さいことから手間もそれほどかからないため、汚れに気づいた時点でこまめに掃除しておくと、一回ごとの掃除の時間が短く済み負担になりません。 もし、このお掃除機能が付いていなかったりこれだけでは落ちないような汚れが付いている場合は以下の方法で試してほしい。

13
掃除 ウォシュレット

ノズルが掃除できたら、 次はノズル周辺を掃除します。 とくに、保証期間が切れている場合のメーカー修理は高額になってしまったり、部品がなく修理不可能と判断されてしまったりすることも少なくありません。 (1)トイレ周りを掃除する トイレットペーパーに酸性洗剤をつけてきれいに拭いていきます。

8
掃除 ウォシュレット

「よくノズルから噴射した水がお尻にあたって跳ね返りノズルについて不衛生なのでは……と聞かれますが、跳ね返った水はノズルにつきにくい角度を計算して設置されています」とのこと。 一番汚れるのが、ノズルが出て来る部分がある装置の下の面です。 しっかり拭き取ってあげよう。