折れ線 グラフ 追加 エクセル

「組み合わせ」を選択し、系列のグラフの種類を「マーカー付き折れ線」にします。 凡例項目が「2011年」と「2012年」になりました。 グラフに凡例を挿入・編集する方法 グラフに凡例があれば、データが複数あってもどのグラフがどのデータを表しているか、一目で判断できるようになります。

9
折れ線 グラフ 追加 エクセル

Deleteキーを入力すると、そのグラフだけが削除されます。 挿入をクリックし、• 対数グラフは、散布図から作成できます。 その表示された ハンドルをドラッグして 表に追加した直線の数値を追加します。

折れ線 グラフ 追加 エクセル

グラフを使うメリットは、セルに羅列されている数値の変化を可視化することで、理解しやすくするためです。 しかし、平均を計算して線を入れたり、斜めに線を入れたりするのは、 マーカーのない折れ線グラフを追加するのが適切です。

12
折れ線 グラフ 追加 エクセル

その列をグラフの範囲に含めます。 5.系列名の修正 問題 次の2つのグラフを作りなさい。

18
折れ線 グラフ 追加 エクセル

クリックして確定する前に結果のグラフを確認できます。 軸・軸ラベルにチェックを入れると、グラフに軸・軸ラベルを表示できます。 グラフを選択すると、データソースの範囲が表示されますから、ドラッグによって狭くします。

13
折れ線 グラフ 追加 エクセル

ただし、縦軸の書式設定で、最小値0、最大値20万で固定するものとする。

19
折れ線 グラフ 追加 エクセル

第2軸を使った折れ線グラフを作成することができました。 プロット上で右クリックし、データ系列の書式設定を選択しましょう。 1.折れ線グラフに基準線を入れる2つの方法 問題 次の表は1月~12月の売り上げを表している。

20