ばんかい 愛染

戦闘能力も自在に虚化が出来、卍解も出来るためとても高い能力を持っています。 際立って優れているわけでもなく、劣っているわけでもない平子はオールマイティな人物と言えます。

16
ばんかい 愛染

また、部下を切り捨てるのも本当に自分の役には立たない、あるいは自分を裏切ったと判断してからであり、それまでは部下が自分の意思や命令外の勝手な行動をするのも、余程の事でない限りあえて容認する事が多い。 一つ目は 戦闘能力が高いので使うまでもなかったということ、二つ目は 卍解を会得するための修行をしなかった、三つ目は 卍解が存在しない斬魄刀だったということです。 三番隊:鳳橋楼十郎(おおとりばしろうじゅうろう) 虚化も出来て卍解も出来る変幻自在の能力者(通称・ローズ) 身長187cm、 体重73kg。

11
ばんかい 愛染

弐曲「 百連閂 (ひゃくれんさん)」 数十本の鉄串が対象に突き刺さり、完全に固定する 終曲「 卍禁太封 (ばんきんたいほう)」 卍の模様が刻まれた巨大な碑石が降りかかり、対象を圧し潰す その他・応用技術 [ ] 分類不明の物も含む。 決まったをしたのち、術名を叫ぶことにより術が発動する。 霊圧を敵に感じ取られないようにする。

1
ばんかい 愛染

二十一 赤煙遁 (せきえんとん) 不明 煙幕を発生させる 二十六 曲光 (きょっこう) 不明 霊圧で覆うことで、対象を見えなくする 雛森桃 雛森は「伏火」を「曲光」で見えなくし、敵を捕らえるために使用した。 さらには詠唱なしのによって屈強なを一撃で戦闘不能にし、2回攻撃すれば必ず死に至るの斬魄刀『雀蜂』の能力ですら自身の霊圧で抑え込み無効化してしまう。

5
ばんかい 愛染

技名 詠唱文 効果 作中での使用者 備考 時間停止 (じかんていし) 不明 周囲の時間の経過を止める 禁術。 舞踏団というだけあって、演目によって攻撃方法が変化し、水で攻撃したり、炎で攻撃する事が出来ます。 九番隊の隊長を務める六車拳西も平子やローズと同じで、101年前の事件の罪を取り消され、元の九番隊へ戻ってきた人物です。

4
ばんかい 愛染

スポンサーリンク 藍染惣右介の卍解 自分が理解できていないことを 相手が理解できていないと錯覚している。 時代は眼鏡をかけていたが、本性を現してからは、伊達だった眼鏡を外し、髪をオールバックにして、一人称も「僕」から「私」になっている他(二人称は「君」のままである)、目も細くなった。 能力は、音楽を使った幻覚で、幻覚と分かっていても実際に対象が認識してしまい死に至る卍解です。

13
ばんかい 愛染

これは言霊の詠唱を省略して鬼道を放つ技術で、鬼道に拠る即時攻撃を可能とするが、威力を保持することが難しく鍛錬が必要(霊力が高いからと言って相応に威力を保持できる訳ではない)。 五番隊隊長を務める平子真子もローズと同じく、101年前の事件により現世に身を隠していた人物で、罪を取り消され、元の五番隊隊長に復帰しました。 浮竹十四郎は、第68巻 615、616話 でミミハギ様へ神掛をし、斬られた霊王の命をつなぎとめるという唯一無二の技を披露しました。

ばんかい 愛染

この言葉は、憧れるだけじゃ理解は出来ない。

20
ばんかい 愛染

この「最後の月牙天衝」の前に、崩玉を取り込んだ藍染惣右介は敗北。