こそ こちら

」と「too」をつけると「こちらこそごめんなさい」という意味を示すことができます。

13
こそ こちら

(相手)「今回のプロジェクト実行に関してご助力いただいたことに、心より感謝申し上げます」 (自分)「こちらこそ、今回のプロジェクトに携わったことで、貴重な経験をすることができました。 シチュエーションとしては相手に頭を下げられた時に「こちらにも非があります」とへりくだる場合や、感謝された時にお礼を返す場合などに使われる言葉ですね。 対象内の男性たちはやはりもてるのでしょうかね。

5
こそ こちら

こちらこそご挨拶が遅れまして、たいへん失礼いたしました。 相手が感謝や謝罪をしてくれたときに、「こちらこそ」と一言で返してしまうと、相手と自分が対等な立場もしくは見下したような印象を与えてしまう場合があります。

9
こそ こちら

この「こちら」と「こそ」が合わさった「こちらこそ」は、「わたし(わたしたち)の方が」という意味になります。

3
こそ こちら

敬語ではないが使用は問題ない 「こちらこそ」は日常的にも使用するため、敬語としては不適切と思われることもあります。

16
こそ こちら

ありがとうございました。 「こちらこそ」は基本的に「相手の意見と同じ」際に使う表現ですが、どちらも悪い場合だけではなく、どちらかが悪くない場合であっても、相手が謝ったことに対して「こちらこそ、申し訳ない」と言うことができます。

7
こそ こちら

こっちではなく、こちらと言うのが正しい表現です。 Thank you, too(こちらこそありがとう) 一番シンプルな形の表現と言えるでしょう。

こそ こちら

「方」を使うのは誤り、というのは一説によるものですから、ビジネスメールを送る時は、臨機応変に相手の様子を考えながら送りましょう。 たとえば相手から「ありがとう」と感謝をされたときに「こちらこそありがとうございます」と伝えると、「私こそあなたに感謝をしています。

こそ こちら

「むしろ」は二つを比べてこちらを選ぶ、またはこちらのほうがよいという意味の言葉です。 言い回しには気をつけてみましょう。 「いいえ」や「とんでもないことです」または「とんでもないことでございます」などが否定に役立つ丁寧な言葉です。

10