沖 海戦 マリアナ

進出させた哨戒駆逐艦や他空母など自艦と同じ最新型レーダーを搭載した艦を含む傘下各艦隊、戦闘空域近くを飛行する、の元祖といえる高性能レーダーと強力な無線機を搭載した特別ななどから各々探知した日本機編隊の情報が、第58任務部隊旗艦のエセックス級航空母艦のに伝えられた。 さらに3月にはで日本の在泊艦艇および基地施設に多大な損害を与え、4月にはのした。

12
沖 海戦 マリアナ

この第一航空艦隊の編入に次いで、2月25日には聯合艦隊主力の戦時編制も改定し、3月1日には第一機動艦隊(司令長官・小沢治三郎中将)を編制しました。

3
沖 海戦 マリアナ

さらに世界最強の戦艦、大和、武蔵の二隻も戦列に加わります。 第十戦隊(少将) 軽巡:• 米機動部隊の攻撃を受けた6月11日時点では、わずか200機あまりが配備されていただけであり、この段階で、アウトレンジ戦法を含む上記の作戦はすでに崩壊の兆しを見せつつあった。

3
沖 海戦 マリアナ

、両軍は互いに索敵を実施。

13
沖 海戦 マリアナ

戦史叢書12マリアナ沖海戦327-328頁• VT信管神話 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ですから、マリアナ沖あたりで機動部隊が全滅するような損害を被ったとしても大して時を置かずに新手の戦力を投入できました。 小沢は急いで旗艦を巡洋艦羽黒に移さざるを得なかった。 六艦隊司令部も敵がマリアナに来ると判断しておれば、サイパンに進出しなかったと思う」という。

沖 海戦 マリアナ

6月19日朝、依然として日本艦隊を発見できないアメリカ機動部隊は、グアム島の日本軍基地航空隊の殲滅を先に進めた。 小林昌信ほか『 証言・昭和の戦争 戦艦「大和」檣頭下に死す』光人社、1995年。 対するは索敵に失敗し、機動部隊の位置すらできていない状態だった。

10