先輩 鼠

大会では、中国ブロックで優勝したんですよ。 僕もしたことがあるので分かりますが、お客さんの注文とったり料理作ったりとまあ目が回ります汗そして鼠先輩といえばやはり六本木という歌が有名ですが、この歌の作曲者が松嶋重(松嶋クロス)ということです。 8年ほど前、東村山でイベントを開いたことがあるんです。

15
先輩 鼠

2015年12月20日閲覧。 そして現在のスタイルを確立したきっかけには、裏営業、通称「ショクナイ(内職)」の存在があったようだ。

11
先輩 鼠

「チンピラみたいな強烈なインパクトのオッさんが、ふざけた歌を唄っているんです。

2
先輩 鼠

というわけで、経営者になったとのうわさがありますが、飲食店経営は現在はしていないようです。 。 どうせだったらインパクのある姿で面白いことをやろうと、スタッフと話し合って思いついたんですよ」 ーーそもそも、なんで名前が「鼠先輩」なんですか。

17
先輩 鼠

すべては地元岡山のために。 中学1年で初めてバンドを組んで、根拠もなく『絶対有名になってやる』と思っていました」 ーー楽器代など、バンド資金はどうしていたんです? 「中学時代からペンキ屋などのバイトをしていました。 駄菓子屋の親父は子どもが書き足しのをわかっていて、黙って一本くれました。

11
先輩 鼠

今回はそんな鼠先輩に、大手芸能事務所所属の一発屋から、浮き沈みを経てフリーランスへと転身した芸能人生を、事業家目線で語ってもらった。

3
先輩 鼠

理由は「思ったより儲からないから」。 チケット1枚1,800円はかなりのプレミアム価格です。