風発 談論

京都大学は対話を根幹とした自由の学風を伝統としている。

5
風発 談論

いいや、それは学者の書斎の議論である、と豪傑君は反論する。 その観点からのご支援もよろしくおねがいします。 なので、「flourishing discussion」は「盛んな議論」という意味になり、「spirited discussion」は「活発な議論」という意味になりますね。

3
風発 談論

11:00-11:10 コラマーによるコラム提供• 世論の風は政治の風景を大きく変えてきたが、ここ数年はそうではない。

10
風発 談論

近日中にカンパのURLをオープンしますので、ぜひご支援をお願いします。 「侃侃諤諤」は、「ひるんだり遠慮したりすることなく、盛んに議論すること」という意味です。 「丁々発止」の意味と語源は? 「丁々発止」の意味は「激しく議論する」 「丁々発止(ちょうちょうはっし)」とは、「激しく議論すること」また「刀で激しく打ち合い続けること」を意味する言葉です。

12
風発 談論

たとえば「兄と刀の打ち合いをした」という文章なら「I did cross swords with my brother」となります。 また、さまざまな意見や主張を交換している状況を強めたい時は「exchange opinions(意見交換)」というフレーズを使っても良いでしょう。

風発 談論

「丁々」は擬音語で示すと「とうとう」となり、また、刀を使って振りかざす際に放たれる掛け声でもあります。