映画 情愛 中毒

ベトナム戦争が終盤に差し掛かった1969年、軍の教育隊長キム・ジンピョン(ソン・スンホン)と夫を将軍にさせようという野望を持った妻イ・スクチン(チョ・ヨジョン)。

8
映画 情愛 中毒

ジンピョンは自分の妻ガ妊娠したことより、ガフンともうあえないかも知れない事実で焦ってしまい、ウジンも一緒にソウルに連れて行くことを提案します。 危ういほど色白の肌に、憂いのある瞳、決してこぼれるほど大きいわけではないけど形の良いバスト、美しくくびれた腰、柔らかさと弾力のある身体つきは、同性から見ても「清楚でいて艶かしい」そして 「清楚」と「艶かしい」という相反する雰囲気をブレンドさせると、独特な淫靡さで男を惹きつける「魔性の女」の雰囲気を発する・・・世の中にはそんな女性がいる事を『情愛中毒』のヒロイン、ガフンを観て思い出しました。

9
映画 情愛 中毒

もう逢わないと何度も思ったが、気持ちが切り替えられなかったガフン。 あくまで私の主観ですけど、彼女、美人ではないですね。

映画 情愛 中毒

情愛中毒のあらすじ【承】 官舎に暮らす軍人の妻達は、夫のため、評価のためとナイチンゲールに扮した白衣の格好で軍病院に慰問に行くことに決める。 ベトナム戦争のトラウマで毎日薬で耐えてきたジンピョンにはガフンの存在がどんどん大きくなり、もう逢えずにはいられないほどにガフンのことが好きになります。 誰にも言えない秘密を抱える女性ガフンと、彼女に夢中になるジンピョン。

11
映画 情愛 中毒

配信状況により無料ではない場合があります。

映画 情愛 中毒

そして、彼女から出た話は引っ越してきたウジンの家族の話。 情愛中毒のあらすじ【起】 キム大佐はベトナムでは英雄と讃えられた男、その噂は軍で知らないものは無く常に憧れの存在としてとらえられていた。

13
映画 情愛 中毒

筋書きやなんかはまあまあですけど、肝心のヒロインに魅力がないから、腰砕けですね。 ある日そんな彼の元に、一人の部下が配属されてきた。

映画 情愛 中毒

4