コロナ 法事

一方で最近では、新型コロナの対策をどのようにすればいいか、さまざまな方法で予防のためのノウハウも浸透しつつあり、人が集まりながらも感染を予防する対策を取って、法事を再開するお寺や斎場も増えています。

15
コロナ 法事

今回のコロナウイルスで経済的にも精神的にもダメージを受けているお寺も少なくはない。 小学生時代にいじめられた経験があり、高校時代には何故か全く口を聞いてくれない人がいて、職場では孤独なランチを経験するなど人間関係の悩みが多かった私が、いくつかの素晴らしい出会いによって「人付き合いの輪を広げていける人だね」と言われるようになりました。 故人への敬意は払いつつ、参加予定者の安全を守るために決断したこと まず、私たち夫婦が悩んだのは、「法事の開催自体をどうするか」でした。

1
コロナ 法事

そもそも論で、多くの方は仏教を信仰している訳ではありません。

12
コロナ 法事

なお、僧侶の分の食事がいらないことが初めからわかっていれば、 僧侶の分だけ個別に持ち帰り用のお弁当を用意してもよいでしょう。 そして人間関係の悩みからほぼ解放された私は、前向きにいろんなことに挑戦する心の余裕が生まれました。 葬儀で身内を呼べず、法要の打ち合わせができていない。

15
コロナ 法事

広島県で門徒数が多い浄土真宗本願寺派の場合、法事は命日より前に行うのが一般的ですが、後になっても問題はありません。 中には葬儀だけお坊さんに来てもらって仏教形式の葬儀で行うけど、それ以降の法要は一切しないという方も珍しくありません。 そんな知ってるようで知らない「お盆」にまつわるトピックスを、新型コロナウイルスの影響で法要ができない場合の対処方法含めて本稿にて紹介していきたい。

4
コロナ 法事

また、遺族の中には、お葬式で親族が集まれなかった分、納骨の法事法要は皆で集まってきちんと執り行いたいと、あえて四十九日に納骨をするのではなく、遺骨は自宅に保管しているという方もいます。 5月6日までの月参りは自粛いたします。

6
コロナ 法事

大阪などの関西地区でも、今後の感染者拡大が懸念されます。 実際会食だけ参加辞退をぎりぎりまでお願いします。

9
コロナ 法事

コロナが世界中で感染している最中での法事について。 家に入らないことで感染リスクは下げられると考える(菅原さん提供) 新型コロナウイルス感染で緊急事態宣言が出されて以降、伝統仏教の僧侶が檀家や門信徒宅で読経する月命日の法要「月参り」を断る家が増え、寺の収入に深刻な影響を及ぼしている。

コロナ 法事

ただし地域によっては、法要の後に食事をとることに大きな意味があるとする考え方や慣習が多いところもあるので、ご自身の周りにそういった意見の方が多ければ、法要の後に食事をとる形にするとよいかと思われます。 香典返しを購入する際は、ぜひ利用してみましょう。 ・・・・。

5