心 ば 魚心 あれ 水

無生物の水に心があるのは理解しにくいようですが、切っても切れない親密な関係を古くから「 魚 うおと水」にたとえ、漢文由来の表現では「水魚の交わり(思い)」とも言いますから、かつては特に違和感はなく、自然に受け入れられるものでした。

心 ば 魚心 あれ 水

国が違えば言語のあり方もまた変わると言う好例でしょう。

11
心 ば 魚心 あれ 水

そのようななかで、口に出して言わずとも思いが通じ合う相手がいるなら、得難い幸福です。 毎日営業に通い様々な提案を続けていたところ、わが社の商品の売り場を拡大して頂けることになった。 自分達がこれだけのことをした 好意を示した のだから、当然その見返り 好意を示すこと を期待しているというような意味合いです。

心 ば 魚心 あれ 水

「魚心あれば水心」は相手が好意をもって示せば、こちらも相手に好意を持つ、という意味でした。

10
心 ば 魚心 あれ 水

(君が僕に尽くしてくれれば、僕も君に尽くそう) 【例文】 「魚心あれば水心で、今回の件に関してはこちらも譲歩する考えでいる」. 本来は「魚、心あれば水、心あり」という言葉でした。

16
心 ば 魚心 あれ 水

ことわざではなく、英語だとかなりストレートな言い方になりましたね。

20
心 ば 魚心 あれ 水

相手の出方次第で応じるほうの気持ちが変わること」を意味します。

6