回し 方 メイド ドラゴン

以上の回し方を踏まえた上で具体的な展開例を紹介します。 「ドラゴンメイド」モンスターは以下の共通効果を持っています。 「ドラゴンメイドのお心づくし」は 1枚で「ドラゴンメイド」モンスターを展開しながら墓地肥やし効果によって「ドラゴンメイド」モンスターの入れ替わりの条件を整えられるためかなり有用なカードです。

回し 方 メイド ドラゴン

ただし、「ウィッチクラフト」魔法カードを使ってしまうと、次の自分のエンドフェイズまでそのカードは手札に戻せないので要注意。 スの素材とすることで、除外デメリットを回避できます。 「マジシャンズ・ソウルズ」は特殊召喚が可能なので、さらに下級「ウィッチクラフト」モンスターの召喚に繋げられます。

16
回し 方 メイド ドラゴン

三戦の才 ドラゴンメイドは立ち上がりが遅めのデッキなので初動を妨害されるのがとても苦手です。 「アームド・ドラゴン」と「おジャマ」の両方をサポートする 《おジャマッチング》が採用できる• (変身効果) つまり、バトルフェイズを行い「 変身効果」を使用することで、 フィールドに出した下級が対応したレベルの高打点の上級に変身し、手札に返ってくる。

20
回し 方 メイド ドラゴン

デザイン的には「強くしようと思えばいくらでも強くできたテーマ」のように思えるので、恐らくこの低速感は意図的なものでしょう。

3
回し 方 メイド ドラゴン

下級単体で構えられる妨害である天球とお片付けはそれぞれ後続の確保が約束され、複数枚被った場合のパターンとしては、1枚で1ターン目の妨害を作り、2ターン目に前のターンで作った妨害によって手数を作り1枚で上級の確保、もう1枚で妨害or融合の確保を狙ってギミックを回していきます。 無効化効果の使用後、シュトラールは場からいなくなってしまいますが今度はハスキーが入れ替わりで出てきます。 試合中盤からは「お心づくし」や「お片付け」中心のリソースゲームになることが多いので試合序盤から終盤まで 常に使い続けるカードです。

14
回し 方 メイド ドラゴン

それと輝光竜セイファートってどうなんでしょうか。

回し 方 メイド ドラゴン

小技集 ここからはこのデッキならではの小技を紹介していきます。