尼寺 じ とうさん やまと

道の片隅にひっそり咲く小さな花、ギンナンの実が姿を現すその瞬間。 伝承として、藤原鎌足を妙楽寺に祀った際に、鬼門除けの寺として丑寅の方角に建立し、鎌足自作の梅の木の観音像を安置したのが始めとされる。

15
尼寺 じ とうさん やまと

今回のメイン 極上精進料理をいただく 精進料理なのですが、色鮮やかです。

尼寺 じ とうさん やまと

魅力はあるが自分からは飛び込めそうもない生活を見せてくれるのが「尼寺」なのかもしれません。 季節ごとの里の恵みを運んでくれる人々がいます。

20
尼寺 じ とうさん やまと

尼寺にやってきた野菜を無駄にしない姿勢が素晴らしい。 その横には凛としたお姿のご住職。

18
尼寺 じ とうさん やまと

学校の都合で師走の寒い時期になってしまい、 それでも日本史の先生引率のもと、少人数で散策した楽しい思い出があります。 慈瞳さんについて ・元 奈良県 音羽山観音寺 副住職。

尼寺 じ とうさん やまと

もしかしたら、すでに後任の方がおられたりして…だとすればちょっと安心。

7
尼寺 じ とうさん やまと

色合いがひな祭りにピッタリでした。

14
尼寺 じ とうさん やまと

住職さん65歳、副住職さん47歳でした。 いつものような放送がいつものように放送されていました。

尼寺 じ とうさん やまと

奈良県桜井市にある音羽山観音寺へ、友人と精進料理を食べに行った時の話 こちらで暮らしている尼さんたちの様子が、NHKのEテレで放送されており、ジワジワ人気を集めているとのこと。 全国からお参り客があの坂を上って訪れます。 3人が3人とも本当に楽しそうに日々の作業をしていて、笑顔が耐えない様子を観ていると、こちらも釣られて自然と笑顔になってしまう、そんなほのぼのとした雰囲気が特長の番組です。

7