宗茂 立花

なお、立花道雪の死後、立花宗茂と立花誾千代の2人は、詳しい理由は不明ながら別居状態になったとのことです。

宗茂 立花

元年()からのでは小早川隆景を主将とする6番隊に2,500人の軍役を課せられて参陣している。 その時は高橋に帰ろうと思うのではなく、この剣で直ちにその場で自害せよ。

5
宗茂 立花

不久千熊丸元服,取名高橋彌七郎統虎,道雪便與說了,希望讓統虎成為養子繼承立花家。 29 , 38。

8
宗茂 立花

同年12月28日隨養父道雪攻入宗像領地,率軍侵攻宗像家至天正十一年(1583年)3月17日的吉原口防戰討取了吉原貞安後又攻落宗像家居城許斐山城,驅逐了宗像勢力。

5
宗茂 立花

本当に微妙な違いのものもありますので、よく見比べないと分かりませんが、そのかたちの変化が一体何を物語っているのか、興味はつきません。 戰後秀吉因功給予筑後柳川藩13萬2000石的領地,從大友氏獨立出來成為直屬大名。 では宗茂も立花山城で徹底抗戦し、積極的に遊撃戦術を使った。

1
宗茂 立花

然而最主要的原因則是誾千代自己認為是立花山城城主並為立花家家督,堅持著這想法的誾千代怎樣也不願讓出立花山城,為此在立花家準備離城之前都和吵架,鬧彆扭等等。 浅川安和 『柳川藩叢書 第二集』(青潮社、1991年)(又名:浅川傳右衛門聞書、立花遺香、立花家聞文、公程閑暇雑書)• 佐伯善左衛門惟幸• 」於是先以家老米多比鎮久率百餘名兵力繞到秋月軍後方,佯攻秋月家居城古處山城,引誘了秋月軍部分兵力追擊,這時宗茂和家老薦野增時率一百五十兵力以火計夜襲秋月本陣,造成秋月軍前後溷亂,甚至自相殘殺。 宗茂は満身創痍の島津義弘達を護衛する形で、九州まで共に道を進んだのでした。

宗茂 立花

両方の激戦は立花高橋300余、秋月760の合わせて1,000を超えるをだし、当地には千人塚の名が残された。

16