意味 兼ね合い

つまり「難しいと思われることを合わせようとする」という意味がもとにあり、この意味が転じて現在使われている「兼ね合い」になったと言われています。 双方の異なる事情から良い部分を出してまとめたり、均等にしたりすることを「兼ね合い」と言います。 また同じ場面にいる自分以外の人もその対象を理解していることが必要であり、一方的に話を進めることはできません。

10
意味 兼ね合い

兼ね合いがある 「兼ね合いがある」は、 「釣り合いやバランスがある状態」という意味になります。

意味 兼ね合い

「温暖化対策とコストの兼ね合いを図りつつ」「副作用との兼ね合いを図りながら治療を進めていく」などという言い方で使われます。

20
意味 兼ね合い

「取る」「見る」「図る」など、後に続く言葉で兼ね合いの意味を少しだけ補足しています。 社会人にとって兼ね合いという言葉は必要 「兼ね合い」という言葉には「仕方なく」という意味合いが含まれています。 例えば「費用との兼ね合い」といった感じです。

意味 兼ね合い

「品質と価格の兼ね合いを取ると、今の原価では難しいと言わざるを得ません」• これを「兼ね合い」を使用して表現すると人によっては、かたいイメージになってしまいます。

意味 兼ね合い

「〜することが難しい」という意味で使う場合は、「〜し兼ねる」と表現します。

意味 兼ね合い

一般的に使用されることのある「兼ね合いもあり」ですが、慣れれば使いやすい言葉でもあります。 しかし、「釣り合いが取れている」という類語は、差別的なニュアンスを含む場合があるため、ビジネスシーンでの利用は控えた方が賢明な敬語でもあります。

15