曲 スタン ハンセン 入場

持ち前の怪力でかなりのハイアングルから繰り出した。

5
曲 スタン ハンセン 入場

週刊大衆特別編集『プロレス大事変50の真相』これぞ最強レスラー決定戦・怪物対超獣の頂上対決「ジャンボ鶴田対ブルーザー・ブロディ」()• あまり多用しないが、フォームが美しく相手との距離をしっかり捕らえて打っていたため、確かな威力があった。

18
曲 スタン ハンセン 入場

8月、彼に先んじてデビューしていたスタン・ハンセンとトライステート地区でタッグチームを結成。

曲 スタン ハンセン 入場

更に、そのイントロ部分にケニー・ロジャースの、 So in Love with youという曲のイントロと、 馬の嘶きと蹄、鞭の音が合成されている。

曲 スタン ハンセン 入場

また、全日本離脱直後に行われた1985年4月掲載の『週刊プロレス』インタビューでは「は。

曲 スタン ハンセン 入場

日本で最も成功したといわれる外国人レスラーの1人。

19
曲 スタン ハンセン 入場

来日後 [ ] 日本初参戦は9月。 裁判では、脅迫を受けたり、出廷要請の通知が届かなかったりしたため、現場に居合わせたレスラー仲間たちが揃って証言を拒否し、最終的にホセ・ゴンザレスは正当防衛として無罪判決を得ている。 ほとんど毎シリーズ、全戦参戦していたというのも特筆すべきことである。

曲 スタン ハンセン 入場

プロレス・ファンならスタン・ハンセンの入場曲として有名な「戦いのゴング」ならぬ、「サンライズ(入場ヴァージョン)」(演奏はTHE PRO-WRESTLING ALL STARS)です。 意識を取り戻したハンセンは猛然と天龍に襲い掛かり、椅子で滅多打ちにし、カウベルで殴打し、強烈な張り手をくらわすなど、すさまじい暴れっぷりを見せた。 ポスト最上段からのダイビング・ニー・ドロップは切り札としてよほどの相手にしか出さなかった。

17
曲 スタン ハンセン 入場

ハンセンはその後、全日に移籍するが、その話はで! 2020. 「ラリアットの創始者のように思われているが、たまたまプロレスに最初に取り入れたのが私だっただけのことだ」と語っている。 なお、1992年は全勝優勝)。