ジャパン エア アジア

新型コロナウイルス流行による航空需要急減で経営が悪化し、10月に事業継続の断念を公表していた。 既報の通り、エアアジアグループCEOのトニーフェルナンデス氏は、新型コロナウイルスの影響を受け海外事業の縮小を検討していることを明らかにし、特に日本事業に関しては、 真剣に考えなければならない対象とし、 資金に余裕があれば事業を継続できるとしながらも、近いうちにエアアジアジャパンに関して何らかの決定が下されるとし解散を示唆していました。 Traicy 2014年7月1日付• 、の乗り入れを当局から拒否されたため、シンガポールとの国境に隣接するのを第二の拠点と位置づけ、のへ国際線を就航させた。

16
ジャパン エア アジア

com 2017年1月30日• (平成27年)• ノックスクートは会社を精算し、事業を終えた。

2
ジャパン エア アジア

2020年10月5日、による経営悪化で事業継続を断念する意向を発表した。

19
ジャパン エア アジア

2020年11月17日、に破産手続き開始を申請した。

ジャパン エア アジア

フライトがキャンセルとなったが返金を受けられない人が2万人以上。 提携解消後の2013年8月にエアアジアCEOのが、日本事業失敗の理由としてコスト構造・路線選択・経営者が間違えていたことが理由とし、エアアジア側には問題ないとした。

15
ジャパン エア アジア

フィンテックグローバル株式会社 2015年10月7日• 10月5日:12月5日に事業を廃止する旨発表。 国内拠点の航空会社がコロナ禍で経営破綻するのは初めて。 : 勤務の職員を40名程採用すると発表。

16
ジャパン エア アジア

アジア最大規模のマレーシアの格安航空会社などが設立した「エアアジア・ジャパン」は、新型コロナウイルスの影響で利用者が大幅に減少し、ことし4月にすべての路線を一時運休しました。 新型コロナの影響で、台北線は3月20日から運休しており、国内線は8月から約4カ月ぶりに運航を再開したものの、9月は中部-札幌線を除いて全便運休となった。 ボーイング737-300:148席ー会社設立期に十数年運用後グループ内他社へ転籍後全機引退済み 就航路線 [ ] 詳細は「」を参照 2014年1月現在 マレーシア(国内線)• 他のエアアジアグループの航空券購入に充てられるクレジットアカウントへの返金は可能。

4
ジャパン エア アジア

「事業を継続することは極めて困難であると判断し、事業を廃止するという苦渋の決定をいたしました」。

12
ジャパン エア アジア

エアアジア・ジャパンは、10月5日に事業廃止のお知らせを出していた。

3