最強 洒落怖

そう、それほどポルポトの時代は酷かったのだ。 6位 非常階段 【中編】 連日の激務で困憊した会社員達が、エレベーターのメンテナンスのため非常階段を使って退社することにした。 ただ、僕には何が居るかも分からなかった。

12
最強 洒落怖

28 ID:1SS1xqKP0 家に帰ると、ゲーム等をしたりしてその事をなるべく考えないようにした。

13
最強 洒落怖

投稿者はその注意を無視し続けていたのだが…。 死んだ彼女のお守りとかって、女いないからカッコつけてるだけだろ」 「おまけにさあ、大爆笑だぜ。 僕は停めておいた自転車で帰った。

9
最強 洒落怖

11,922件のビュー• 5位 ヤマノケ 山に出現するの似の怪異です。 守り袋をなくして数日後に、死んだ彼女が夢に出てきたそうだ。

最強 洒落怖

55 ID:1SS1xqKP0 俺が小学5年生だった頃の朝、 いつのも様に、自分の家の近所の2人の同級生達と、学校に登校する為に登校路を歩いていた。 トの - にした人物、トが行ったの独裁の実態を描く。

14
最強 洒落怖

40位 同窓会の案内 【短編】 ある日、「僕」はから同窓会の連絡を受けた。

15
最強 洒落怖

25位 猛スピード 【短編】 投稿者は、夜中に家の屋上から街を眺めていた。

3