の 剪定 レモン 木

。 見つけたら歯ブラシなどでこすり落としましょう。

の 剪定 レモン 木

レモンの実をならすためには、木の剪定と摘果も大切なことです。 また、レモンは 植え付けてから3年間は剪定が必要なく放任でOKです。

の 剪定 レモン 木

最終的には紡錘形になるのが理想的です。 この様な枝は夏枝との境目で切り落とす。

の 剪定 レモン 木

レモンの摘果(てきか)の方法は? レモンの場合、春に咲いた花が果実になったものを冬に収穫するというのが、一般的ですが、実をつけすぎてしまうと、植物自体が疲れてしまって、十分に栄養が行き渡らず生長不良担ってしまうことがあるので、夏や秋に実をつけたときには、実が小さいうちに摘み取ってしまう、摘果という作業が必要になります。 しかしではなぜ剪定するのかと言うと、それは目的にあったレモンの木に育てるためです。 カットしていない枝を上手くのこしてあげることがコツになります。

10
の 剪定 レモン 木

余ってしまったレモンの実を塩レモンにして長期保存しても良いでしょう。

9
の 剪定 レモン 木

このとき、枝が3本以上ある場合は、上部な3本を残し、残りは枝の付け根から切り落としましょう。 またレモンの木の剪定をするには適切な時期や回数があるため、できるだけそれらを守ることで健やかな成長につながります。 真冬などの気温が低い時期に剪定をおこなってしまうと、レモンの木は耐寒性が低いため枯れてしまうことがあります。