スポーツ カローラ

インテリアカラーには、スポーツ志向のレッドや上質なサドルタンなどが設定されています。

1
スポーツ カローラ

山岳路走行を含んでも燃費の低落は限定的。 ハッチバックを採用しているものの野暮ったい雰囲気にならず、豊かなカラーや高級感あふれるオリジナルホイールも好評。 全12色と豊富なボディカラーが用意されているカローラスポーツ。

スポーツ カローラ

システム総合出力は122ps。 こちらは後ほどくわしく検証していきます。

1
スポーツ カローラ

6Lターボエンジンの搭載が予定され250馬力を発揮。

12
スポーツ カローラ

ハイブリッド車用の「」型エンジンは、その形式名こそ2代目オーリスと共通だが、4代目から搭載が開始された大幅改良版に変更。 よい領域もあるのだが、スイートスポットが狭い。

12
スポーツ カローラ

改めてカローラスポーツのメリットデメリットをまとめました。 センターコンソールはドライバーが操作しやすいように角度がつけられ、メーター内には高精細の大型7インチカラー液晶デジタルメーターを搭載。 カローラスポーツにおいても白(パール)の人気の高さが証明されました。

8
スポーツ カローラ

ダッシュボードやセンターコンソールはかなりみっちりとデザインされ、運転席は適度に囲まれたコクピット感があった。 とくに走りについては、感覚的には旧型に相当するオーリスの倍もいいという印象。

15
スポーツ カローラ

欧州マーケットで鍛えられた足回りや個性的なスタイルで人気のモデルです。 8m級になるのはライバルに対抗するうえでは致し方のないことと言える。 0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを持つオプティトロンメーターとなっています。

12