ベスト ヒット 歌謡 曲 昭和

登録されたレビューはありません。

ベスト ヒット 歌謡 曲 昭和

「僕らは いつも はるか はるか遠い未来を 夢見てたはずさ」という歌詞。 日本で最も売れた曲ランキング(平成、昭和のヒットソング) 日本で一番売れた曲(シングル)の歴代ランキングです。

18
ベスト ヒット 歌謡 曲 昭和

千昌夫はは遠藤実の内弟子だったが、 デビュー曲が不発に終わり、苦労していた。 オリコンチャートで3か月にわたってベスト5に入るロングヒットとなり、 グループとしてそれまで最大の売上枚数だった「エロティカ・セブン」(1993年)を大きく上回った。 永遠の愛の喜びを伝えるラブソングであり、 平成の結婚式の定番曲にもなった。

8
ベスト ヒット 歌謡 曲 昭和

安田成美と中森明菜という2人の大スターが主演したフジテレビ系ドラマ「素顔のままで」で、 「君がいるだけで」が主題歌として、 「愛してる」が挿入歌として使われた。 物語性があふれる歌詞と情緒的なメロディが国民の心をつかんだ。 作曲はベースの中村正人。

15
ベスト ヒット 歌謡 曲 昭和

1990年代の音楽業界は、B'zが所属するレコード会社「ビーイング」グループと、 小室ファミリーが2大勢力として君臨した。 タンゴのような曲調になっており、「タンゴ」と「だんご」をかけている。

12
ベスト ヒット 歌謡 曲 昭和

未知の明日へと歩み続ける人たちへの応援歌として受け止められている。 楽曲を聴けば、往年の美人女優・尾崎奈々が映画で活躍した時代が脳裏に浮かんでくるでしょう。

5
ベスト ヒット 歌謡 曲 昭和

恋愛バラード。 1980年代になると アイドル歌謡を中心に、一部の楽曲が歌謡曲の範疇から外れるようになります。

13
ベスト ヒット 歌謡 曲 昭和

独自に「タンゴ」という言葉を使った日本語の歌詞も絶妙。

11