二木先生

今、屋敷跡はほとんどがとなっている。

3
二木先生

一日一食、二、三時間の睡眠という超人間的な生活であったというが、それでも寸暇も惜しむ毎日であったろう。 これは、なかなかおしゃれですよね。 1903年(明治36年)「駒込A、B菌」を分離する。

11
二木先生

謙三の講座は、「伝染病学」であった。

15
二木先生

二木が伝染病研究所技師となった翌々年で、二木が細菌学者としてその地歩を確実に築き出したころであった。

19
二木先生

、日本実業出版社、1999年• いつの事か不明。 『顕微鏡と玄米と二木謙三・伝』秋田魁新報、1987年(昭和62年)3月13~16日、夕刊7頁<51><52>。

二木先生

ここ数カ月間、情報番組で新型コロナウイルス関連のコメンテーターとして、医師や研究者の専門家の先生方が多数出演されていますね。

3