村 評価 樹海

しかし逃走中、鳴は誤って地下の穴へと転落。

5
村 評価 樹海

ネットで調べてみると「コトリバコ」らしいことが分かる。 ところが、重大な事実が明らかになります。

14
村 評価 樹海

『犬鳴村』も『樹海村』も心霊というより具現化したモンスター映画に近いため、ホラーにしては「こわさ」を感じません。 ルールを決めずに広げていくからついていけない。 失意のどん底に落とされた姉の鳴は何故、こんな出来事が続くのか祖母の天沢唯子(原日出子)に尋ねる。

9
村 評価 樹海

在りし日の平和な光景に鳴の心は安らぎますが、幼い自身が実家の納屋で見つけた箱の姿を見て一転戦慄します。

村 評価 樹海

ただ観ていて別段気になるものではないし、元ネタを知らずとも一切問題ない。

4
村 評価 樹海

清水崇監督は呪怨シリーズでも仕切り直して1作目をやったOV版、劇場版、ハリウッド版はそれぞれ成功しながら2作目では違うことをしようとし過ぎて元の怖さを減じすぎる節があり、今回もそれが出てしまってだと思う。

3
村 評価 樹海

大樹と化した響は伸び続け、ついには地上へと穴を空けるまでに成長。 仏壇の前に一人座っていた唯子は、琴音もまた今の響同様に「おかしなもの」が見えるようになり、それを怖がるようになったと鳴に語ります。 (C)2021「樹海村」製作委員会 大衆文化として広まった原因には、 男女が「愛情の不変」を誓う証拠立ての行為「心中立て」のおいて指切りを行うことがあったこと、そこから遊郭で働く遊女が客に対する心中立てとして「切った指」(多くは職人による「模造品」だったようですが)を渡すようになったことが挙げられます。

12
村 評価 樹海

耳鳴りに苦しみながらも、「お姉ちゃんは逃げて」と語る響とともに再び逃げ出そうと彼女の左手を掴む鳴。 姉妹の響と鳴の前に、あれが出現。 急いで救急車を呼ぼうとするも彼の意識はまた死に向かい、首を掻っ切って自殺してしまった。

7
村 評価 樹海

こうなると信憑性から逸脱し、ホラーと言うよりモンスター映画への変貌です。 これからも清水崇監督には賛否を恐れず、 新しい映画を更新していって欲しいです。 『犬鳴村』との直接関連はYouTuberアキナの再登場だけでしょうか。

9