アサルト ライフル バースト

276ピダーセン弾の採用は却下された。

13
アサルト ライフル バースト

そのほか、第一次世界大戦末期には拳銃弾を用いる軽量な個人用自動火器としていくつかのが開発されている。 実は単純な近距離火力だと、レイヴン系の方が基本的に高い。

17
アサルト ライフル バースト

近年の製品では、金属製の基幹部品(銃身や機関部など)に、環境の変化に強いの大型構成部品(ストックやハンドガードなど)が組み合わせられたものが多く、鋼板プレス加工や繊維強化プラスチックによる一体成型など生産性に優れた手法で製造され、単価が安い点もアサルトライフルの特徴となっている。

16
アサルト ライフル バースト

とはいえ、火力がぶっ飛んでいるので大体の敵は軽く撫でるだけで止まるか死ぬ。

アサルト ライフル バースト

351 WSL弾を原型とする8mm弾を使用する自動小銃で、着剣装置と二脚が設けられていた。 アメリカのBARが一応個人装備では元祖フルオートライフルですが、やはり重いです。

3
アサルト ライフル バースト

最近の投稿• 発射レートも400RPMを越えているので、壁を壊したときに弾抜けが発生します。 1970年代からは西側諸国でもの配備が始まった。