法隆寺 なり 鳴る えば 食 柿 鐘 が

もちろん東大寺の鐘である。 漱石は2階、子規は1階に棲み、子規はら松風会のメンバーに漱石を加えて句会三昧の日々を過ごしていた。

4
法隆寺 なり 鳴る えば 食 柿 鐘 が

本名は常規(つねのり)といいます。 「くだもの」という随筆を残している正岡子規は、お酒は飲まなかったが 大食漢で果物が大好物。

6
法隆寺 なり 鳴る えば 食 柿 鐘 が

前述の坪内は、このころから法隆寺の一種のとしてこの句が広まっていったのではないかとしている。

法隆寺 なり 鳴る えば 食 柿 鐘 が

梨も近くの農園で段ボール一箱(50前後)数百円でしたので、1日に2〜3個よく食べていました。 奈良で、「柿食えば」の句を詠んだのは 10月 26日。 子規が部屋で寛いでいると、旅館の女中が現れて、子規の好きな柿を剥いてくれた。

13
法隆寺 なり 鳴る えば 食 柿 鐘 が

食べ比べて好みの品種を見つけてみるのをおすすめします。 「16、7歳で雪のように色が白く、目鼻立ちも申し分ない」女の子がうつむきかげんで自分のためにせっせと柿をむいてくれるのを〔ほれぼれと〕見ていた」というのだから、気分がよかったであろう。 余は柿も食いたいのであるがしかし暫しの間は柿をむいでいる女のややうつむいている顔にほれぼれと見とれていた。

7
法隆寺 なり 鳴る えば 食 柿 鐘 が

) 柿を食べていたら、意外にも鐘の音が聞こえてきたという体験は、宿で過ごしていた夜の出来事だったのです。

5
法隆寺 なり 鳴る えば 食 柿 鐘 が

『寒山落木』『獺祭書屋俳句帖抄上巻』では前書き・表記とも掲出したものに同じ。 柿も美味しかったが、どうやら、柿をむいてくれた宿屋の少女も大変気に入ったようだ。

法隆寺 なり 鳴る えば 食 柿 鐘 が

「寒くなってきて食べると、お腹冷やしちゃうからね~」 まぁ、食べすぎな感がある子規ほどに食べなくても、肌寒いときの果物は やはり内臓を冷やしますからご注意。 正岡 1958 、176頁 参考文献 [ ]• 明治 28年 1898年 、日清戦争の従軍記者として中国に赴いた帰途に喀血をし、一時重体に陥ります。