ランキング オリコン デイリー

初動週間売上最高枚数で首位を獲得した曲:(週間売上枚数:176. 、『』1999年6月号より。

15
ランキング オリコン デイリー

レンタルCDアルバムチャート 1998年12月7日付(試験的に開始 ) - 現在• 脚注 [] 注釈• 上位ランクがすべて初登場曲で占められた例としては、2016年8月8日付(1 - 19位までがすべて初登場曲)がある。 送り手(アーティストおよび事業者)の販売戦略による影響。 『BDZ』は発売当日8万 9721ポイントでオリコンデイリーアルバムランキングが発表され始めた2008年から現在まで日本に進出したK-POPガールグループの中で最高記録となり話題を集めた。

19
ランキング オリコン デイリー

首位獲得最高週数曲:(首位獲得週数:17週・1968年9月23日 - 12月9日付、1968年12月23日 - 1969年1月20日、歌手:)• ただし、役名名義の"Kaoru Amane"、設定上別人とされている"ERIKA 名義による。 また、フラゲ日にあたる火曜日が祝日の場合は、に店頭発売されることがあり、この場合はウィークリーチャートの集計期間が月曜日からまでの丸1週間となる。

1
ランキング オリコン デイリー

チャート 1974年12月2日付 - 1995年11月27日付• 、、2019年5月7日。 初の首位を獲得した声優アーティストとそのアルバム:(・2009年6月15日付)• そして、ONEUSとオンラインで素敵なひとときを楽しみましょうー!!• TWICEは『BDZ』発売を記念して「TWICE 1st ARENA TOUR 2018 『BDZ』」というタイトルで現地4都市、9回公演の初めてのアリーナツアーを開催する。 また、新たな複合音楽チャートとしてが提供する「」が注目を集めるようになってきており、オリコンとビルボードのヒットチャートの設計思想が異なることから、2つのチャートが共存していくのではないかと述べている。

18
ランキング オリコン デイリー

ストリーミング」を「換算売上ポイント」で数値化した「 週間合算シングルランキング」を同年12月19日から新設することが発表された。 ゲームソフトチャート 1995年2月20日付 - 2005年11月28日付• 初の初登場1位曲:およげ! 同一の歌手が1位と2位を独占した回数:、、Mr. 感謝の気持ちでいっぱいです。 ,スポーツ報知,2018年6月8日• デジタルアルバムチャート 2016年11月14日付 - 現在• オリコンとジャニーズの蜜月関係」で、オリコンチャートがジャニーズ事務所所属タレントに甘いのではないかと疑惑を報じた。

ランキング オリコン デイリー

現地で発売した3枚のシングル『One More Time』『Candy Pop』『Wake Me Up』がオリコンデイリーシングルランキングで6日連続1位を占めたが、一週間連続で1位を守ったのはシングルとアルバムを含めて今回が初めてだ。

8
ランキング オリコン デイリー

週間売上最高枚数アルバム:(週間売上枚数:300. トップ100滞在最高週数:(327週、歌手:)• 初の4曲同時トップ10入りを達成した歌手とその曲:(1998年10月26日付、・・・)• 8万枚 19位 AKB48 2018年12月10日付 120. 初の首位を獲得したアニメキャラクター名義での歌手とそのアルバム:(・2009年8月3日付)• 中島みゆき:(1977年)、(1981年)、(1994年)・(1995年)、地上の星(2003年)• また2009年には「」が(100万・50万・0万)の大ヒットであったが、配信限定のためオリコンでは全く登場せず、チャート上いっさい捉えることができなかった。 発売から首位達成まで時間が一番掛った曲(再発売を含めて):(1306週・1978年6月25日付 - 2003年7月7日付、歌手:サザンオールスターズ)• 初のトップ100達成から滞在のまま首位達成まで最も時間がかかったアルバム:(64週・1982年12月20日付 - 1984年3月12日付、歌手:)• 平成と令和の両方でシングル週間1位を獲得した曲:(2019年[平成31年]4月8日付および2019年[令和元年]5月13日付、歌手:)• トラックスチャート 2004年9月6日付 - 2008年3月31日付 シングル・アルバムの売上やオンエア、のダウンロード件数などを総合的に集計し算出した「楽曲」の総合チャート。 トップ100同時滞在同名曲:(、10作品「通常盤、、、、、、、、、」、2002年6月10日付、6月17日付の2週連続)• CD限定の作品(音楽フル配信に消極的な系等)が当チャートの上位を占める一方で、シングルCDによらないフル配信中心の戦略を採るアーティストのほうが近年むしろ実需をつかんでいるため、当チャートと音楽配信チャートでは全く別の結果となることも多い。