サトシ ポケモン ss

シゲル「何を言ってるんだい?サートシくん?」 サトシ「いや、久しぶりにに帰って来たからさ。 ゼニガメ以来のを愛用している手持ちポケモンでもある。

15
サトシ ポケモン ss

」 サトシ「急いでよ!・・・・・・え?」 オーキド「なんじゃ?」 サトシ「ミッキーって何ですか?」 オーキド「何を言っておるんじゃ。

9
サトシ ポケモン ss

もう一人の主人公・が、という役割分担を意識したためか、サトシの初ゲットは10話と遅い。 本人曰く、「 ポケモン同士が仲良くするのは当たり前じゃん」とのことであり、旅の仲間のみならず相棒のピカチュウにすら呆れられたことも。

7
サトシ ポケモン ss

そして、らに見送られながらピカチュウとともにマサラタウンを旅立つ。 『ホウエン地方』編ではゲンジ、『バトルフロンティア』編ではジンダイにその点を厳しく指摘され、『ベストウィッシュ』編ではアロエに見抜かれて苦戦を強いられた。 元々旅をする予定ではなかったが、イッシュリーグ出場を決意したため旅に出る。

サトシ ポケモン ss

ピカチュウ以外の手持ちポケモンをオーキド研究所に預けて、に旅立つ。

12
サトシ ポケモン ss

ここでシゲルが消えてしまいます。 ちきゅうなげが決まったのが不思議なくらいだ」 タクト「……」 サトシ「……戻れ、お前の頑張りは無駄にしない! あとは任せろ!」 サトシ「行くぞ! 君に決めた!」 「コウガ!」 「ピカ……」 これで両者共に最後の一体! 片や! 片やホウオウ! これが正真正銘最後の戦いとなります!! サトシ「タクトさん、そのホウオウ、凄く強いです」 タクト「……フフフ」 サトシ「タクトさんの最強の一体には俺も最高の一体、最高の一撃で答えます!」 サトシ「! 俺たちはもっともっと強く!」 「コウガァ!」 噂のサトシがついに登場だ! ショータ「サトシ……」 アラン「ついに来たか」 タクト「受けて立とう!」 サトシ「勝つ! 必ず勝つ!! うおおおおおおおおおお!!」 タケシ「この一撃で倒しきれなければサトシに勝ち目は無くなる……」 デント「お互いこの一撃が勝敗を決めるテイストだね」 リラ「だがサトシとなら! 絶対に勝てる!」 シゲル「行けっ! サトシ!」 シンジ「勝て!」 サトシ「受け止めろ! 俺たち全員分のパワーだ!! 最大パワーで全力のみずしゅりけん!!!」 タクト「せいなるほのお!」 ホウオウ「……」キュアアアアア サトシ「……!」 サトシ「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」 サトシ「コウ……ガァァァァァァァ!!!」 タクト「……」 ホウオウ「……!」クワッ キュアアアアアボオオオオオオオウ! 」 オーキド「その通りじゃ。 それ以前のシリーズの幼少期は松本氏が担当。

12
サトシ ポケモン ss

2期『』 手持ちポケモンは、シゲルに影響され、このシリーズ以降は最初のパートナーであるピカチュウのみ連れて旅立つようになる。

5
サトシ ポケモン ss

声は全編でが担当。 」 サトシ「実は・・・変なんです。 それ故に、最終回は今までの終わり方とは少し違ったものになっている。

1