その後 捨てられた皇妃 美優

どういう事だ?というも、美優に、あなたの神聖力を少し借りなければ、と頼みます。 ミルワー侯爵令息を見かけると、とても辛そうな表情をしてます。

6
その後 捨てられた皇妃 美優

アリスティア(でもそれならどうして、葬儀に参席せずに首都に残っているのかしら) すると後ろから名前を呼ばれます。

13
その後 捨てられた皇妃 美優

ルブリスは美優に心を奪われ、神殿は「神の告げし后」は美優だったと決定を下しました。 作画:iNa• 表情のない美優にアリスティアは背筋が寒くなりますが・・・今は彼女のことを気にしている場合ではないと思い、陛下に質問をしました。 そして,ジェナ公爵のせいで反乱が起き,自分の部下が死んでくところを見て,ルブリスも自決します。

12
その後 捨てられた皇妃 美優

ドキっとするが、これはただの贈り物なのだからと、考えを振り払う。 アリスティアより1つ年上。 大神官に会いに来たアリスティアは・・・!? もう一度同じ人生をやり直すならば、美優が主人公の人生ならば・・・どうして私に望みを与えたの? どうして私に氏名を与えたの? アリスティアは馬車に乗り込みんで、邸宅でよろしいですかと聞かれました。

17
その後 捨てられた皇妃 美優

見習い騎士~建国記念祭• 前にアリスティアが美優に向けて言った、「全てを奪ってもまだ満足できないのか」という言葉。 寝入っていた我が子を見舞いに来ていたモニーク侯爵により正気に戻ったがアリスティアの心はすでに限界であった。 アリスティアと美優、どちらに捧げましょう、とさらに問いかけられますが、ルブリスは、自分に渡すように、と告げます。

その後 捨てられた皇妃 美優

一年後もアリスティアの気持ちに変わりがなければ、アリスティアの選択に従う。

その後 捨てられた皇妃 美優

深緑の髪と瞳を持つ。 命の祝福とともにありますように・・・主神の第三の根テルティウスでございます。

12
その後 捨てられた皇妃 美優

2014年11月 07日 ISBN 978-8-92-676438-1 5. 誰も幸せにならないんですね。 アリスティアにはもちろんわかっています。

20
その後 捨てられた皇妃 美優

ハッピーエンドのようなそうじゃないような、美優がなんだか可哀そうな気もするラストです。 アリスティアのことを忌み嫌う。

7