直哉 志賀

しかし石は悪びれる風もなく素知らぬ顔です。

直哉 志賀

(明治41年)• このときの体験を基に、いわゆる「山科もの」四部作(「山科の記憶」「痴情」「些事」「晩秋」)をのちに残している。 228-230、岩波書店、1994年• 父・直温は当時石巻支店に勤務していた。

2
直哉 志賀

一方で創作のほうでは、雑誌『改造』における「暗夜行路」の連載が(昭和3年)を最後に中断される。 (清水節治・法政大学講師) 『月刊国語教育』 1999・12月号 このページは、2019年3月に保存されたアーカイブです。 5月から松江に移り小説を執筆するも断念。

2
直哉 志賀

敗戦が近づくと直哉は(当時)のの意向を汲み、、、、、、武者小路実篤、、とともに「三年会」を結成する。

15
直哉 志賀

374ページ• 出典 [ ] 26、岩波書店、1994年• その時、女義太夫に熱中していたことがきっかけとなりました。 志賀文学のファンだった。 唯一の名作長編• 憶ひ出した事(1912年2月)• 自ら設計の筆を執り、友人の画家・浜田葆光に紹介を受けた京都の数寄屋大工の棟梁・下島松之助に邸宅の建築を依頼しました。

11
直哉 志賀

(昭和27年) 、らとヨーロッパ周遊旅行。

8
直哉 志賀

296ページ• そのとき、出産の部分を書き足し、十として挿入、従って構成は一節増えて十六までとなる。 またの文学や、、、の作品など、近代以前の日本文学も読んでいる。 これもまた、父との不和を題材とした作品でした。

直哉 志賀

中等科時代の直哉は真面目な学生だったとは言い難く、3年時と6年時に2回落第している。 娘一人、息子二人をもうける。 (明治18年)同行を退職後、文部省会計局の下級役人となる。

19
直哉 志賀

『剃刀』(齋藤書店、1946年7月)• 老人(1911年11月)• 1910年学習院時代からの友人らと《白樺》を創刊,《網走まで》を発表。 ところが鮨をおごったAは淋しい、嫌な気持ちに襲われます。 またスポーツに没頭しており、特に自転車には「学校の往復は素より、友だちを訪ねるにも、買い物に行くにも、いつも自転車に乗って行かない事はなかった」というほど熱をあげた。

4