意味 クロニクル

つまり 本来のプレイヤーはバグスターで、参加した人間のプレイヤーたちはこのゲームにおける雑魚キャラに過ぎない。 しかし、使われる場面によってはその意味合いが変わってくるので他にどういった意味を持つのかここでご紹介しましょう。 『クロノスに変身してゲムデウスを倒す』という手順を辿った事から一度はゲームクリアの扱いになりかけたが、敗れたゲムデウスのウイルスを正宗が自身の体内に取り込みとなった事で、ゲームクリアの扱いはなかった事にされてしまっている。

3
意味 クロニクル

「クロニクル」 の意味 クロニクルとは、 歴史上の出来事を発生した順番で最初から記述した文書という意味です。 「クロニクルを作成する」と言えば、年代記の作成、つまり念別の歴史を作成するということを意味します。

意味 クロニクル

ゲームバランスについても黎斗がゲムデウスについて「同じく自身が作った仮面ライダークロノスでなければ倒せない」と語っている。

意味 クロニクル

しかし、ここで戦力の消費が著しくなった白の王国が、約束を違えた黒の王国に蹂躙される。 その後、第44話でゲムデウスと正宗が分離し、ゲムデウスはパラドに道連れにされる形で消滅。

1
意味 クロニクル

『過ぎし年月の物語』『ネストルの年代記』とも。 これらは、本作執筆にあたって村上春樹が取材したことが反映されており、作者自身も非常にショックを受けたそうです。

18
意味 クロニクル

正義感と忠義に溢れる好青年で、兄弟の面倒見もいい。 クロニクルの本来のルール上は敵キャラであるはず(そもそも普通なら倒されて存在していない)のパラドがゲムデウスを倒してしまった為に、この時点で プレイヤーがクロニクルをクリアすることが不可能になり、残る正宗もライダー達に敗れた後に仮面ライダークロニクルのマスター版ガシャットと共に自害・消滅した。

3
意味 クロニクル

『完史』(13世紀、シリア) (1160-1233年)による年代記。 これが、「クロニクル」に該当します。 パラドクスは・で2人としてカウントされており、ガシャットロフィーも2つ出現する。

8