秀行 大橋

ロドリゲス戦の勝因は、どこにあると分析されておられますか? 大橋 やはり「天性の素質があり、非常に謙虚である」という井上の資質に尽きるのではないかと思います。 ボクサーの実績は「誰と戦ったか」も重要です。 その一方で、など、その当時に最強を謳われた強豪を日本に招聘して世界戦を行った。

18
秀行 大橋

私は「甘くないぞ、止めておけ」と促しました。

5
秀行 大橋

熱い気持ちが蘇ります」 そんなリプやDMが沢山来たの見て、沢山のファンの思いを肌で感じた。 プロ7戦目に韓国で世界チャンピオンに挑戦したことがあったんです。 そのような思考回路になるにはどのようなことをしていけば良いのか等。

13
秀行 大橋

2007年東日本ボクシング協会 協会長、2010年日本プロボクシング協会 協会長に就任し、2016年3月まで務めた。

19
秀行 大橋

川島と出会えて、良かったです。 当時韓国ではボクシングがものすごい人気で、相手は国民的スーパースター。

20
秀行 大橋

その経験は後々必ず活きてくる」 そしてロペスの涙についての逸話を教えてくれた。 WBC王座は21度防衛• 大橋 だから「世界チャンピオンになるには運も必要だ、諦めてちゃんと仕事したほうがいいよ」と伝えました。

11
秀行 大橋

キャッチフレーズは「 150年に1人の天才(の100年に1人の天才を超えるという意味)」。

6
秀行 大橋

1988年6月27日、世界再挑戦。 プロアマ問題の解決や「日本ボクシング殿堂」の実現へ向けての活動も行っている。 その後世界タイトルに2度挑戦するも、敗退。

秀行 大橋

ニックネームを付けるのが得意 表情こそ穏やかで優しそうな大橋会長も、ボクシングへの情熱はいつでも燃え続けているイメージです。 会長自身がロペスと戦ったからこそ得られたものと、その意味を伝えると八重樫は迷うことなく「やります」と即答。 やはりただモノじゃなかった。

3