言う ミステリ と

ミステリと言う勿れ6巻のネタバレ表 18話 19話 20話 21話 ミステリと言う勿れ7巻ネタバレ ミステリと言う勿れ7巻のあらすじ いつの間にか謎も悩みも解きほぐす、解読解決青年・久能整。

18
言う ミステリ と

ライカは整を病院に戻るように急かします。 ミステリーはその媒介。 犬道の大屋敷に連れていかれる。

4
言う ミステリ と

整は、一旦家に帰り、陸について調べてみます。 そう説明すると、犯行時刻頃に整と寒河江の2人が公園で言い争っていた声を聞いていると警察。

2
言う ミステリ と

真実は光を当てる場所によって、見える形が異なる。

言う ミステリ と

そこから整はある結論を導き出します。 整は、ライカが示したもう一つの住所に向かいます。

3
言う ミステリ と

面白い! ネタバレありのレビューです。

5
言う ミステリ と

「会話する犯人」、警察側では「容疑者は一人だけ」で出てきた池本(いけもと)や女性刑事の風呂光(ふろみつ)も登場して、警察側からも謎を解明しているみたい。 5以降も物語にはずっとガロの影が見え隠れします。

5
言う ミステリ と

最も整にはそんな気はありませんでした。

16
言う ミステリ と

それが本当に「ガロ」という存在によって整の周りに連続した「何か」が起きているのかどうかは、きっと続きを読むことで明らかにされるでしょう。 さらに鍵の紛失の真相を知ったことで、藪が久能の鍵から合鍵を作り、久能の自宅へ侵入して果物ナイフを盗み(この時にノートパソコンへ証拠を偽造し)、それを用いて寒河江を殺したと推理する。 生き埋め連続殺人 犯人『煙草森誠』 ガロたちが探し求めていた犬童愛珠殺害の犯人にして連続殺人事件の犯人。

2