ワグナー リンゼイ

16 "Iron Ships and Dead Men"• 主演はイギリス出身の女優。 10階建て程度のビルから飛び降りたり、数メートルの壁を飛び越せる。 ワグナーは1980年代に他に2本、テレビの連続ドラマに主演した。

9
ワグナー リンゼイ

しかし、その際に受けた脳へのダメージにより、ジェミーはスティーブとの日々も含め記憶を失っていた。 『バイオニック・ジェミー』は、このドラマの一エピソードとして誕生し、あまりの好評にスピンオフ。 16 "Assault on the Princess"• バイオニック・ウーマン=サイボーグ女子の活躍を描いて、世界中で大ヒットしたSFドラマ 『バイオニック・ジェミー』が、 2月25日 木 より「スカパー!」の海外ドラマ専門チャンネル 「AXN」で放送開始! 主人公・ジェミーを演じる リンゼイ・ワグナー の可憐なバイオニック・アクションに注目です! 『8/フェムボットの逆襲』 : アーサー・ロウ著、木原たけし 訳• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 主人公はスティーブの婚約者、元プロテニス選手の ジェミー・ソマーズ。

14
ワグナー リンゼイ

活動歴 [編集 ] ワグナーはロサンゼルスでモデルとして働き、「プレイボーイ・アフター・ダーク 」のホステスを務めることにより、いくばくかのテレビの経験も積んだ。 dropdown-block div block-block-1 h2, li. 地下組織に救出され、ベルリンに逃げ込んだ博士は息子の救出を要望。

5
ワグナー リンゼイ

シーズン1の 第8話「バイオニック・ジェミーと母」では、亡くなったはずのアンと再会! マックスはジェミーに飼われることになり、任務遂行でもパートナーを組んだ。 狙撃!ケネディスタジアム午前6時 3rd. 翌朝、ボナーがカサブランカ行きの列車に乗ると、昨晩のファッション・モデルと連れの中年の女に会った。 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• 11 "Deadly Ringer, Part II"• 7 "Biofeedback"• 主人公のジェミーを演じるのは、本作でエミー賞 主演女優賞を受賞し、一躍人気スターの仲間入りを果たしたリンゼイ・ワグナー。

2
ワグナー リンゼイ

また、ジェミーと同じ顔に整形したリサ・ギャロウェイという女性(リンゼイ・ワグナーの一人二役)も登場し、リサは一度はジェミーになりすますことに成功したものの、バイオニックの能力がなかったため正体を見破られる。

2
ワグナー リンゼイ

彼女はディアドラ(リンゼイ・ワグナー)といい「ボーグ」誌の表紙にもなる売れっ子のモデルで、連れのバーバラ(エステル・パーソンズ)はファッション誌の編集者だった。

2
ワグナー リンゼイ

彼女がドアを開けると窓外を見つめる彼の瞳に涙があふれており、思わず眼をふせた。 に、ジョー・ハーネル作曲の「ジェミー! ワグナーとグレイは1979年のテレビ映画『過去へ旅した女 』で恋のライバルを演じた。 22 "On the Run" ネット局 [ ]• 製作総指揮:ハーヴ・ベネット• dropdown-block div block-block-1 a, li. スプートニクを中傷し、または貶める発言• この番組により、ワグナーは1977年の主演女優賞を獲得した。